埋め立て地も、遊水地も好きなように使ってくれ。横浜FCには三ツ沢がある!!

丘の上写真日記

トップ 写真日記 ぎゃらりー サッカーもの 2002 とび丸 toto アーカイブ 掲示板
 
2017 06月15日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 90分+5分の悪夢で0−1 悔しいに決まってるだろ >
'17 J2リーグ第19節 対山形戦。カラ梅雨で水不足が心配とか言われてる中、 着実にじめじめモヤモヤモードに突入しつつある横浜FC。それでも、3位という 順位は、例年に比べれば十分に健闘していることにはなるのだが。ここにきて、 差を詰めてきた第二集団に飲み込まれるか、それともやや抜け出しつつある 福岡、湘南に追いついていけるのか。前節のPK2本による劇的引き分けを いかせるかどうかも含めて、前半戦の分岐点ともいえる重要なホームゲームだった。

スタメンに永田と野村が戻り、ベンチにはチュングンも。好調時のメンバーが 少しずつ戦列に復帰しつつあるのは好材料と言えるが、イバへのマークをはじめ 相手チームの対策が進むにつれてチーム全体の勢いが鈍ってきているのはたしか。 一方、ややスタートでもたついていた山形は、ここにきて8戦負けなしとか。 じりじり追い上げてきている後続を直接叩いておくためのわたしの期待は 周囲で献身的に動いてはいるがなんといってもまだゴールがない津田の覚醒だった。

この日はいつもの相方が急用で欠場。二人分の気合を入れて注目した前半の 立ち上がりは、セットプレーから続けてピンチをむかえる。それでも、10分を 過ぎたあたりからは集中した守備から自分たちの攻めの形も作れるようになる。 相手の山形も、さすがに好調チームらしくスキのない好守を見せる。それぞれの ポジションで厳しい戦いを繰り返しながら一進一退のまま、ハーフタイムをむかえた。

後半に入っても、集中と我慢比べの展開が続く。そんな中で、期待の津田が 何度か好位置でボールを受けながらシュートまで持ち込めない。うーん、 周りをよく見ているのは分かるけど、もう少しどん欲に自分でゴールを 狙えないものか。その怖さが感じられないのが、見ている方としては かなり歯がゆい。ただ、チーム全体として悪い展開でもないので、監督も 急いでは動かない。1枚目の交代カードは、70分の野村からチュングン。 その直後に何度かチュングンのスビートが活かされる場面が見えたが、 それもゴールには結びつかなかった。

さらに2人目の交代は津田に代えて野崎。この試合でも、ザンネンながら 津田の初ゴールは見ることができなかった。さて、残り10分で両チームは どのようなチャレンジを見せるのか。4分と表示されたアディショナルに 入ったころから、横浜FCに続けざまにチャンスが。CKとスローインと、 両サイドからボールを入れるセットプレーが続き、最後の1分では中里の スローインに対して、キャラや渡邉まで上がって勝ち点3を取りに行ったのだが。

ラストプレーかと思った、最後の総攻撃のボールが相手DFに跳ね返され、 再度田所がアタマでゴール前に放り込もうと思ったボールが、相手選手に 渡ってしまうと、そこから悪夢のようなロングカウンターが始まった。 跳ね返したボールに追いついた相手選手に、まず新井がチェックに行ったが 身体をぶつけるまでは寄せられずにパスを繋がれる。ダッシュしてその 対応にあたろうとしている人数はこちらが3人、相手は5人ほどいたか。

最終ラインまで戻った中里の前でラストパスをつながれると、ゴール正面まで 長い距離を上がって来ていた相手FWに正確にインサイドでのシュートを 決められた。右わきを抜かれた高丘が、立ち上がりながら頭を抱える。 ゴール前ではキャラと中里が両ひざに手を突いたままじっとピッチに 目を落としている。残り数分で勝利をつかめるかと期待を持ってから わずか数秒の間に、まさに天国から自国へのアディショナルタイム決勝ゴールを くらってしまった。

とうぜん相手ゴール裏は歓喜に沸き、こちらは静まり返る。この日は、 愚痴をこぼす相手もいなかったわたしは、ただ座り込んだまま唇を 噛みしめていた。マジかよ。その後、スタンド前にあいさつに来た 選手たちに例によって最前列辺りから罵声が飛ぶ。珍しく 険しい表情で詰め寄ろうとしたキャラを、胸を押して制したのは キャプテンの佐藤だった。そのあとには、イバの背中を押して メインスタンド方向へ歩を進ませる。今シーズン初めてという不穏な雰囲気も、 ある意味仕方ないかと思えるほどショックの大きい幕切れであり、 痛い痛いホームゲームでの敗戦だった。

きっと今頃は野毛でひとり反省会だろうという、メインのお仲間の予想を 覆していつもバス停で合流後は横浜西口へ。ただし、五番街とは反対側の鶴屋町に 河岸を変えて久しぶりの橋を渡ると、とりあえず黒ホッピーをオーダー。 それでもさすがに、誰の口からも今夜の試合の話題は出てくることはなく、 次節への対策となるシラスおろしを黙々とつついていたのでした。


先発メンバー:GK高丘、DF永田、キャラ、渡邉、田所、MF新井、中里、佐藤、野村、FW津田、イバ

控え:北野、西河、寺田、野崎、チュングン、中山、やや久保

◆横浜FC 0−1 モンテディオ山形   〔得点〕         〔入場者数〕 5,113人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 06月03日 ニッパツ三ツ沢球技場  < おかえり小野瀬 なんて言ってる余裕もなく1点差の辛勝 >
'17 J2リーグ第17節 対山口戦。いろんな意味で後味が悪かった名古屋戦から 一週間。連敗のショックと、佐藤キャプテンの退場と出場停止という現実を なんとか受け入れ、心の整理をして小野瀬の三ツ沢凱旋を待つ今節の試合。 ただ、そんな感傷に浸っている余裕はさらさらなく、とにかくここで連敗を 止めなければというノルマだけが重く突きつけられたホームゲームだった。

スタメンの顔ぶれを見ると、佐藤のポジションにはそのまま寺田が。トップには 今シーズン初となるイバと大久保の2人が並び、ベンチには永田と野村が復帰。 新旧の19番対決と楽しみにしていたチュングンの姿はベンチにもないというように、 一時の好調を引っ張ったメンバーからはかなりの変動が。それはそれで長いシーズン を乗り切るには、どこかで迎えざるを得ない波の下がり目の部分か。それでも、 個々の選手にとっては、出場のチャンスととらえてアピールしてもらうしかない。 そのうえで私が一番注目していたのは、佐藤に代わってキャプテンマークを 巻いている中里。去年の佐藤と同じように、いい意味で覚醒のきっかけとなる 試合にできないか。それが叶えば、チームにとっても大きな進歩となるはずだった。

前半が始まると、イバと大久保の大型ツートップを活かしながら横浜FCが 押し込む。中里のロングスローも、ターゲットが2つになってより効果的に 見える。そんな流れから新井のクロスなどでチャンスをつかむが、あと一歩の ところでゴールを割れない。CKからも、大久保が2発枠内に向かってヘディング シュートを放ったが、どちらもライン上で相手DFに跳ね返された。 一方、山口の攻撃シーンでは、この日はなんとDF登録されていた小野瀬が 右から左から流動的に仕掛けてくる。ゴール前では、GK高丘とのユース先輩後輩 対決もあって、いろいろと興味深かったが試合はそのまま0−0で進んだ。

横浜FCから見れば、攻め込みながらも先制点を奪えずに終わるかと思えた 前半のアディショナルタイム。意外な形でビッグチャンスが訪れる。 反対側のゴールなので細かいところまでは分からないが、シュート体制に 入っていたイバをDFが引っ張るかなんかしてPKを獲得した。これを いつものようにイバが勝負強く蹴り込んで、終わってみれば狙い通りに リードを奪ってハーフタイムをむかえた。

いい時間に1点をとれて、これで自分たちのペースにできるかと思った後半 だったが、時間とともに山口のボール回しについていけなくなる。後半開始 から新井に代わって入った永田にも期待したが、対面の小野瀬への警戒からか 思うような攻撃参加ができない。といって、寺田が中央で仕切れるわけでも なく、ライン全体が押し下げられた状態で守勢が続いた。

その後に続けて起用された野村も野崎も効果的とはいえず、この流れに 飲み込まれる。終盤は、明らかに1点を守って逃げ切りを狙った展開で ほぼハーフコート状態で時間が過ぎるのを待ち続けた。それでもなんとか、 相手の決定力不足にも助けられて1−0のままタイムアップ。特に、小野瀬の ラストパスでほぼフリーの選手にシュートチャンスを与えてしまったピンチも、 相手FWの判断の遅れとコントロールミスに助けられて凌ぎぎった。

上位と下位という現在のリーグでの順位を考えれば、とても納得のいく 内容ではなかったが、ホームゲームで連敗を2でストップしたという結果がすべて。 ザンネンながら、小野瀬に今シーズンの好調を理由を見せつけられるような 時間帯もほとんどなかった。それでも、佐藤キャプテンの不在試合で 勝ち点3を積み上げられたのは大きな収穫。復帰のめどが立ったように見える 永田や野村のコンディションが上がれば、またチーム全体の躍動感が 戻ってくるかもしれない。あとは、イバのお疲れ具合を、どこがで 調整してあげたいところだが。

試合後のインタビューは、ゲームキャプテンの中里が対応。こんなに長く 喋る中里を見たのは初めてかもしれない。そのままやってきたビクトリーステージ では、キャラと二人でサポーターにご挨拶も。たしかに、この2人が きちっと働いてくれれば、この日のようなしょっぱい試合でも勝ち点を 稼ぐことができるだろうし、上位争いを続けていくにはそういった試合もとても大事。 そうした逞しさを確かめられたことも、この夜の収穫の一つだった。

試合後のお仲間は、だれもが歓びと安堵が半々といった雰囲気。とにかく、 この日のいちばんのミッションだった勝ち点を、しかも1ではなく3獲得して 嫌な流れを断ち切ったことに乾杯だった。相手チームの中ですでに攻撃の キープレーヤーになりつつある小野瀬には、いつかまたこの三ツ沢で 青いユニホームを着てもらいたいもの。なんなら、来シーズン一緒に昇格 するのも悪くないけど。そのためには、横浜FCも小野瀬もお互いもっともっと レベルアップを続けていかないとね。


先発メンバー:GK高丘、DF新井、キャラ、渡邉、田所、MF小宮山、中里、寺田、津田、FW大久保、イバ

控え:北野、西河、永田、増山、野崎、野村、中山

◆横浜FC 1−0 レノファ山口FC   〔得点〕 45分+4分 イバ      〔入場者数〕 5,575人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 05月27日 ニッパツ三ツ沢球技場  < FK1発対PK2発で1−2 楢崎には拍手を渋谷には… >
'17 J2リーグ第17節 対名古屋戦。今シーズンの降格チームの一つ名古屋とは、 あの07シーズン以来となる10年ぶりの対戦。ということは、そのゴールマウスに 立ちはだかるヤツとも、10年ぶりの再会となる。これほど間隔が開くことも 予想できていなかったが、その間彼が現役を続けていてくれたこと自体も なんの保証もなかったこと。現時点のリーグ戦の3位と4位の直接対決である ことに加えて、さまざまな記憶と思いが蘇ってくる、ある意味特別な一戦だった。

私にしては珍しく、18時のキックオフより1時間以上前にスタンドへ着くと、 そこにはすでにいつもの相方が。そんな2人組のまわりの着席密度も、 いつもよりかなり高めに見える。それはきっと、保土ヶ谷区民デーによる 動員の影響だけでないのだろう。その証拠に、両チームのGKが練習のために 姿を現した瞬間から、三ツ沢全体のテンションが一段上がったように感じられた。

反対側のゴール前には楢崎と、これまた見慣れた渋谷が。そして、こちら側では 高丘と北野が、田北コーチの重たいシュートを受けている。私自身、この練習から 見ておきたくてこの時間に駆けつけていたようなものだから。そんな思い入れは、 試合が始まったあともいつも以上の緊張感として続くことになる。ただ、先制点は 思っていた以上に早く、横浜FCが奪い取った。

ペナルティエリアの右斜め外側の位置からイバがFKを狙う。この数分前にも、 ほぼ同じ位置からのFKを楢崎の正面に蹴ってたいイバが、その感触に修正を 加えて打った2本目は鮮やかな弧を描いて、楢崎が伸ばした両手の先を測った ようにすり抜けた。イバ自身、今シーズン初となるFKからの直接ゴール。 まさにとっておきの一発で、どうしても欲しかった先制点を決めて見せた。 これが、前半の8分。

強豪相手の好調な出足に、ホームもアウェイ側もほぼ満席状態のスタンドが さらに盛り上がる。そんな中で、中里のロングスローを佐藤がフリーで ヘディングシュートするなどのチャンスを作り出したが、さすがに ここで突き放せるほど甘い相手ではなかった。徐々にパスワークのテンポが 上がり出すと、こちらのゴール前まで持ち込まれるシーンが増えてくる。 それでも、前半終了までは致命的なスキを見せることもなく、1−0のまま ハーフタイムまでたどり着いた。この瞬間、前半をケガなく乗り切ったことで、 10年前と違ってその楢崎の背中を目の前で見られることが決定。それはそれで、 この日の楽しみの一つではあったのだか。

ただし試合の内容に関していえば、リードはしているもののその圧力にジワジワと押し込まれている感覚は 伝わっていた。はたしてハーフタイムでの修正で再び押し返すことができるのか、 開幕戦に似た重苦しい雰囲気で後半のキックオフを迎えると、松本戦とは違って悪い ほうに予感は当たったしまった。まず、後半が始まって10分ほどでPKを奪われる。 反対側のゴール前のことなので細かいところまでは見えないが、どうやらキャラが ハンドを取られたらしい。ここらあたりから悪目立ちし始めた主審のせいで蹴り直しに はなったものの、それもきっちり入れられて1−1に。

この直後に、津田をチュングンに代えて立て直しを図ったが、特に右サイドへの プレッシャーを受け止めきれない。すると、またしても同じペナルティエリアの 右隅で、キャラと新井が挟み込むようにして相手選手を倒して2本目のPKに。 これを確実に決められて逆転されてしまった。これが77分。残り約15分の ところで追う立場になった横浜FCは、増山に続いて大久保を投入。イバを 外してでも個の速さと高さで同点を狙ったが、これも空回りが目立つ。すると、 さらに判定の不安定さが加速しだした主審に佐藤が一発レッドのカードを出され、 スタントの空気もぐっと険悪なものに。そんな流れを断ち切る唯一のチャンス だった中里のFKは、しっかりとゴールの枠を捉えていたが、今度は楢崎が さすがの読みではじき出した。これがこの試合でなければ、迷わず拍手ものの プレーだったが。

この試合に関する私のまともな記憶は、ほぼここまで。このあとに見た出来事と 選んだ行動については、すでにデータ消去済み状態にさせてもらった。そんな中で、 ただ一つだけゴミ箱から回収しておいたのは、試合後の挨拶に向かってくるとき チームの先頭に立っていた中里の姿と、その悔しそうな表情くらい。そういえば、 ちょうど一年くらい前にも、そうやって珍しく先頭に立ってサポーターの目の前に 立ったケンスケが、その次の試合からひとまわり大人に見える振る舞いとプレーを し始めたっけ。

今シーズンのウチの生命線であるダブルボランチが、次の試合には並ぶことができない。 でも、それが中里のステップアップの機会になるなら、まだまだたっぷり残って いるリーグ戦のためにもけっしてムダではない。そんな中里とピッチの上で相対したら、 きっとそれが誰だか気づかないかもしれないな、山口の小野瀬は。


先発メンバー:GK高丘、DF新井、キャラ、渡邉、田所、MF小宮山、中里、佐藤、野崎、FW津田、イバ

控え:北野、西河、寺田、増山、チュングン、中山、大久保

◆横浜FC 1−2 名古屋グランパス   〔得点〕 8分 イバ      〔入場者数〕 10,769人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 05月17日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 今季唯一の水曜夜の試合は キャプテンの鳥肌シュートで勝ち点3 >
'17 J2リーグ第14節 対讃岐戦。三ツ沢では今シーズン唯一の水曜ナイトゲーム。 それでも、チームの好調のせいで例年に比べてスタンドへの集まりは勢いがある 感じ。午後休みを取って万全の態勢で駆けつけた私も、余裕をもって丘を上っては、 もうすぐ見納めとなる「野球場」周りをチェック。あとは、ここ2試合の アウェイでの引き分けを価値あるものにするためにも、ホームできっちり勝つ ところを見せてもらうだけだった。

その後の試合詳細については、終了5分前のキャプテンの鳥肌ものループシュートがすべて。 1−1の引き分けも致し方ないかという雰囲気を見事に吹き飛ばして、ホームゲームには どうしても欲しかった勝ち点3をつかみ取って見せました。目の前のゴールで目撃した その美しい軌道には、正直痺れました。

ただ、この後に続く中3日の連戦と、その週末に予定されている20年に一度の はずせない家庭行事のために、今回の写真日記はここまで。さらに、小机も HUBも今シーズン初めての欠席となりますが。はるか北西方面から念だけはしっかりと送りますので、 皆さんよろしくお願いします。


先発メンバー:GK高丘、DF新井、キャラ、西河、田所、MF小宮山、寺田、佐藤、野村、FWチュングン、イバ

控え:北野、渡邉、野崎、増山、斎藤、津田、大久保

◆横浜FC 2−1 カマタマーレ讃岐   〔得点〕 5分 イバ、 87分 佐藤     〔入場者数〕 2,284人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 05月07日 味の素スタジアム  < 黄金週間の締めくくりは アウェイでしぶとく引き分け >
'17 J2リーグ第12節 対東京V戦。ゴールデンウィーク3連戦の最終戦。 その間の連勝でこの一戦を首位で迎えた横浜FC。対戦相手の東京Vも 勝ち点差2で4位につけている。勝敗次第では順位が入れ替わる首位攻防戦 を見届けるために、2人組も今シーズン初となるアウェイ観戦のために 飛田給に乗り込んた。

まさに黄金週間となった大型連休の間、久しく越えたことがなかった多摩川を 渡って都内へ。わたし自身は3年ぶりくらいになる味の素スタジアムだが、 ここでの試合にはあまり悪い記憶がない。ただ、連戦と連休の疲れは確実に 身体に蓄積しているのを感じる。きっとそれは選手たちも同じだろうが、 そこをどうやって乗り切るか。監督のメンバー選びから注目だった。

ピッチに並んだ横浜FCの先発メンバーは、4日前の愛媛戦とすべて同じ。 ただし、ベンチにはGKに北野が初めての登録され、DFの藤井に代わって 新井がこれまた初めて入っていた。たしかに、3試合連続の4得点では、 負傷でもない限りメンバー変更の理由はないが、あとは各選手のコンディション だけが気になるところ。そんなことを考えている間に、たっぷりと水が まかれたピッチで前半が始まった。

イバはもちろん、ケンスケと中里のダブルボランチへのマークが厳しく なってきているここ数試合。緊張感のある立ち上がりの中で、試合は 思いのほか早く動いた。中里のトラップをスキなく狙っていた相手FWに ボールを奪われ、これを取り返しにいったプレーでファールを取られた。 このFKを、たっぷりと水を含んだピッチにバウンドさせて蹴り込んできた シュートを高丘が目の前にはじき、素早く詰めた相手FWに 難なく押し込まれた。これで、開始10分も経たないうちに0−1に。

ボールの奪いどころといい、ピッチ状態を考慮したFKといい、相手の 狙いと集中力のほうが上回っていたとしか言いようのないゴール。ただ気になったのは、 胸に当ててしまったボールへの高丘の反応の淡泊さ。おそらく、彼の 判断力で見れば、もうどうしようもない状態とジャッジしたのだろうが。 もう一度身体ごと飛び込ん行く姿勢は見せられなかったのか。それには、 ケガやPKのリスクもあるけれど、スタンドから見ている者にすれば やや物足りなく映った。ただし、その判断力と状況を見極める力の 高さが、このあと確実に3本はあったゼッタイのピンチを止めて見せた、 守備力のベースになっているのだろう。

それはともかく、あっという間にリードを奪われた展開にも、選手たちだけ でなくスタンドにも動揺が見られないのが、今の横浜FCの好調の証。 その後にも際どいシュートを打たれながらも、じっくり攻め返すことで 前半のうちにしっかりと追いついてしまった。前半30分に左サイドで FKを得ると、野村がゴールに向かうクロスを入れる。これにピンポイントで 合わせたイバがバックヘッドのようにシュートするとボールはポストへ。 この跳ね返りを、ケンスケが難なく押し込んで同点のゴールを決めた。 やったね、キャプテン。そして、さすが首位にいるチームだ。

1−1で始まった後半。今シーズンよく見られるように、ハーフタイムの修正を 実行する横浜FCが攻勢に転じる。しかし、それも10分くらいの間で、再び 自分たちの時間帯に取り戻したのが東京V。このあたりから、やや疲れが 見え始めた横浜FCの守備に対して、主に左サイドから何度も鋭い切り崩しを 見せる。ただ、最後のシュートのところでDFがよく身体を張り、高丘も 鋭い反応を見せてゴールは割らせない。そんな苦しい流れの中で、監督は 残り20分のところからチュングンを寺田に、野村を津田に、イバを大久保に 交代していった。

この時点で、引き分けもOKという判断があったと思うが、一度だけビックチャンスが。 中盤でケンスケがボールを奪ったところからのカウンターで、最後はフリーの大久保が 左足でシュート。これはポストを直撃し、その跳ね返りに詰めた津田は勢い余って ボールに触れなかった。で、結局試合は1−1で終了。その瞬間に倒れ込む選手が 両チームに数名。キャラも、珍しくしゃがみ込んでしばらくそのまま動けなかった。 それは、連戦のダメージに加えて、この試合がいかにタフだったかの証拠だろうが。 その状況の中での両チーム勝ち点1は、東京Vのほうが悔いが大きかったろう。

この3連戦を2勝1分け、勝ち点7の得点9は、まさにゴールデンな内容と結果。 これ以上望むのは罰が当たるほどの、まさに10年に一度の黄金週間を堪能させて くれた選手たちに大きな拍手を。まずは、この一週間でしっかりとリカバリーをして、 次節以降へ臨んでもらおう。といってる自分たちも、明日から久しぶりのおつとめ スタート。この一週間で連休で溜まった疲れを癒して(会社で?)、まだまだ続く 長ーいリーグ戦を楽しませてもらおう。と切り替えてまっすぐ帰ればいいものを、 わざわざ新宿で途中下車して「連休を振り返る会」を軽くこなした2人組でした。 さて、明日からまた連日の多摩川越えだ。


先発メンバー:GK高丘、DF小宮山、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、永田、野村、チュングン、FWイバ

控え:北野、渡邉、新井、寺田、増山、津田、大久保

◆横浜FC 1−1 東京ヴェルディ   〔得点〕 30分 佐藤     〔入場者数〕 9,452人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 05月03日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 三日天下の杞憂も吹っ飛ぶ 3試合連続の4得点勝利! >
'17 J2リーグ第11節 対愛媛戦。なんと2戦連続の4得点という、まさに ゴールデンウィークな連勝で7シーズンぶりの首位に立った横浜FC。この 好調がはたして本物なのか。ともに2連勝という勢いのある状態での愛媛との 対戦には、西田と小池というOB対決という見どころも加わっていた。

18時というキックオフ時間の三ツ沢には、やや肌寒い風が。ただ、選手たちに とってはこれくらいが動きやすい陽気だろう。私にしてはやや早めの1時間前に 到着すると、ピッチ上では両チームのマスコットキャラ同士のPK合戦が。しかし、 ザンネンながらそこに一平くんの姿はなかった。

先発メンバーを確認すると、前々節の千葉戦後半からはじめた3バックの フォーメーションで、その右サイドMFに初先発となる小宮山が。先週の 熊本戦で途中交代して心配されていた藤井はベンチに控えていた。それ以外は ここ2戦変わらぬ顔ぶれ。先週ハットトリックで本調子になってきたイバの 左右には、これまた現在キレキレの野村とチュングンが並んでいた。

同じ3バックによるミラーゲームの攻防はほぼ互角のように見えたが、その 均衡はCKから崩れ出す。右サイドから中里がニアに入れたボールは、西河 のアタマを掠めたあと、相手DFとGKに当たってゴール内に飛び込んだ。 前半18分で1−0に。この先制点から、横浜FCの攻撃が一気に加速する。 そんな流れの中で生まれたのか、38分のイバのスーパーゴール。ケンスケから の浮き球のパスを左肩越しに受けると、これを左足で絶妙のコントロール。 自分の体の前に柔らかく浮いたボールを、そのまま走るスピードを落とさず、 しかも相手DFを両脇に抑え込んだまま右足前に持ってくると、GKの動き も見据えて正確にミートした。トラップからシュートまで、DFもGKも 手の出しようがないファインゴール。前半のうちに2点差をつけ、相手の自信を くじく大きなプレーだった。

後半に入ってなんとか反撃に出ようとする愛媛だが、横浜FCの攻撃の勢いは 衰えない。2点を守るというより、この試合も3点、4点を奪ってやろうという チーム全体の意思が圧力となって相手チームを押し込む。すると、右からの クロスにイバがづふれたこぼれ球を、永田が思い切りよくシュート。チームの 流れがいいときはこんなカタチからも得点できてしまうもので、DFに当たって コースを変えたボールは完全にGKの逆を突いてゴールネットへと弾んでいった。 はじめは、スタンド全体が静まり返っていたが、ゴールとわかるとあらためて歓声が。 この3点目が、相手の戦闘意欲を断ち切った。

こうなると、連休連戦の疲れ対策のためにも、多くの選手にチャンスを与えたくなる。 残り20分で大久保を、15分で寺田を、10分で津田を起用して、それぞれの今シーズン 初ゴールの期待をかけて4点目を待った。すると、何度かの得点機の後についに大久保が そのチャンスをものにした。中里からのタテパスがケンスケの前にずれると、これに 津田が追いついて右から逆サイドへクロス。これを大久保がアタマで叩き付け、待望の 初ゴールを決めた。とうとう3試合連続となる4得点。試合はそのまま1点も失うことなく しっかりと完封で勝ち切った。

試合後のコメントで、相手監督が「今日の相手にはかなわないと思った」と語るほどの完勝。 その試合内容も嬉しかったが、同じく「スタンドの雰囲気もすべて」と圧倒した三ツ沢の 空気も(ウチにしては珍しいけど)素晴らしかった。それが「クラメンデー」のせいだった かどうかは分からないが、この日のゴール裏スタンドがいつになく大人の観客で密度濃く 埋まっていたことは確か。もしかしたら、チームの好調が、これまで三ツ沢から遠ざかって いた人たちを呼び戻し始めたのかもしれない。これもまた、クラブ全体にとってたいへん いい流れといえる。

連休の中日ということで、もちろん祝勝会は盛大にならざるを得ない。この日加わっていた いつもの相方の同僚さんも含めて、合計6名で横浜西口に向かうとテーブルに上には いつもよりワンランク上の「さがみの豪快盛り」が。明日から出かける恒例の山梨遠征に 考慮して、多少抑え気味ではあったが、3試合連続の4得点という黄金週間ぶりを たっぷりと祝ったのでした。いや、10年に一回のめぐりあわせだとしても、今年のウチは マジで強いんじゃね。


先発メンバー:GK高丘、DF小宮山、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、永田、野村、チュングン、FWイバ

控え:南、渡邉、藤井、寺田、増山、津田、大久保

◆横浜FC 4−0 愛媛FC   〔得点〕 18分 西河、38分 イバ、53分 永田、84分 大久保  〔入場者数〕 5,182人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 04月22日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 前後半一転の攻防で 終わってみれば4点差大勝! >
'17 J2リーグ第9節 対千葉戦。前節のアウェイ町田戦では、西河&高丘の 思わぬアクシデントから0−1敗戦。ただ、持ち越した課題という意味では、 むしろ追いつけなかった攻撃陣のほうが大きかったはず。そこのところは、 佐藤と中里のダブルボランチをはじめとした選手たちの奮闘に期待するとして、 とにかく連敗だけは避けなければならない重要な一戦だった。

夜には雨というありがたくない天気予報が当たっているのか、キックオフ 1時間前くらいからパラパラと小雨が。お願いだからあと2時間だけは 我慢してと、灰色の空を見上げながらいつもの席へ。まずは、千葉対策として 用意しておいた、「銚子電鉄のぬれ煎餅」をいつもの相方に渡して、 試合開始を待った。

とりあえず小雨も上がって前半が始まると、ピッチではうわさに聞いていた ハイライン・ハイプレスの、今までに見たことのない千葉の姿が。なるほど、 これが毎年コロコロと新しい顔を見せてくれる千葉の、今年のスタイルですが。 それはそれで楽しいけれど、他人事ながら気になるのはGKの仕事量の多さ。 なんて、相手のことを心配しているうちに、ボールを完全に支配され 押し込まれる展開に。

特徴ある相手への対策はしっかりしてきたはずだけど、ボールを捕まえられない。 大きく広がっているライン裏への効果的な走り込みも見られない。テンポよく 繋がれた後の素早いサイドチェンジに追いついていくのが精いっぱいの時間が 続いていたが。とりあえず、最終ラインとゴール前ではキャラと西河が身体を 張って凌いでいた。結局、前半を通じてチャンスと思えたのは、FKからの リスタートで、ハーフウェイライン前から直接シュートを狙ったケンスケの プレーぐらい。これは、相手GKがかろうじてはじき出したが、それ以外には こちらから仕掛ける場面は皆無だった。

振り返れば、相手選手を追いかけていただけの45分間に見えたが、ここで失点 をしないのが今年のチームのいいところ。ゴール前での集中力を切らすことなく、 前節のミスからの立ち直りを注目されていた高丘にも固さは見られず、とにかく 苦しい時間帯を切り抜けた。もう一つ原因があったとすれば、この試合からは 11人のベストメンバーで前半をスタートできていたということ。一人でもこの 走りについていけない選手がいたら、そこから大きな傷が広がっていただろう。 その一人が、誰とは言わないけどね。

この流れをどこかで断ち切れるのか、監督の動きが注目された後半立ち上がりだったが 選手の交代はなし。ただ、ポジションには多少の変更があったようで、その違い を確かめている間に早くも結果が現れた。中盤で奪ったボールをイバがいったん ケンスケに渡して前へ走り出すと、前を向いてボールを受けたケンスケがイバの 前方へリターンパス。そのボールをスピードに乗ったまま受けたイバがドリブルで ペナルティエリア前まで持ち込むと、マークに来ていた2人のDFをかわして 左足で狙いすましたシュート。ボールは、2人組に向かってゆるくカーブを 描きながら、GKの手前で弾んだあと逆サイドのネットに鮮やかに飛び込んだ。 イバにしてみれば、自信のあるコースだったと思うが、それにしても絶妙な軌道だった。

あれだけ押し込まれた前半のあとに、後半10分にもなる前のこの先制点は効いた。 しかも、その2分後には、中里のロングスローのこぼれ球を逆サイドでひろった野村が 左足でニアをぶち抜くシュート。直前のイバのシュートの残像があったかもしれない 相手GKは、今度は反対側のサイドに飛んだが間に合わなかった。こうなると、 横浜FCの勢いが止まらない。さらに5分後に、これまたケンスケからのタテパスを 受けたチュングンが、自ら持ち出したあとDFを振り切るように右足でシュート。 これもまた、勢いよくゴールネットを揺さぶった。チュングンにすれば、待望の Jリーグ初ゴール。ところが、大きく傾いた流れは、これでもまだ止まらなかった。

横浜FCが目覚めたのか、相手チームが動揺したのか疲れたのか、さらに チャンスになりそうなシーンが続く中、左サイドで起点になったイバを 永田が追い越すとその目の前に優しいパス。これをダイレクトでゴール前に 返すと、逆サイドでノーマークになっていた野村が、余裕をもってアタマで 押し込んだ。GKが横っ跳びすることもできない、完璧なゆさぶり。というよりも、 4点ともに感じたことは、シュートを打たれる瞬間に相手GKが本来いるべき ポジションに戻れていないんじゃないかということ。あれだけ広がったハイライン裏の スペースをカバーしなければいけないのだから、そのうえでシュートに対する 守備も全て完璧にやれというのは、かなり酷なノルマなのでは。まあ、 監督が求める理想も分かるけど、なんといってもあの緑色のGKはノイヤーじゃ ないんだからね。ホント、ご苦労さまです。

ということで、終わってみればかつての天敵千葉に対して、4−0という気持ちよすぎる大勝。 しかも、高丘を含めた守備陣はきっちり0点で締めくくったし。一番気になっていた 連敗も避けられたし、小宮山も初出場となったし、文句のないホームゲーム。となれば、土曜日ということもあって、 いつものお仲間といつもの横浜西口へ。ところが、他のみんなも考えることは同じ だったのか、いつもの「さがみ」は満員御礼。それならばと、おそらく今シーズン 初入店となる「とんた」で、4点分をたっぷりとお祝いしたのでした。そりゃ、 旨いに決まってるよね。あら、いまごろ雨が。


先発メンバー:GK高丘、DF藤井、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、永田、野村、FWチュングン、イバ

控え:南、渡邉、小宮山、寺田、増山、中山、大久保

◆横浜FC 4−0 ジェフユナイテッド千葉   〔得点〕 53分 イバ、55分 野村、61分 チュングン、69分 野村  〔入場者数〕 5,367人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 04月08日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 待っていてくれた満開の下で イバもシーガルズも開花宣言 >
'17 J2リーグ第7節 対京都戦。落雷の影響でキックオフが遅れ、後半には 雹が降って来て一時中断もあった前節のアウェイ福岡戦を引き分け。 タフな遠征から横浜に帰って来ての一戦は、先週の勝ち点1の価値を 高める意味でも大事な試合。徳島戦に続くホームでの連敗はなんとしても避けなけれ ばならないし、リーグ序盤の好位置キープを確立させるためにも重要な試合だった。

天気予報では午前中までと言っていた雨は、お昼を過ぎてもシトシトと。 キックオフの17時にはそれも止んではいたが、バックスタンド側から 吹き抜ける風はかなり強く、プレーにも影響を与えそうだった。それを 意識したのか、コイントスの結果またもや横浜FCは反対側のコートに。 ということは、前半から目の前にはあの菅野の背中が。お約束のブーイング に対して、軽く拍手で受けるあたりがまた菅野らしかった。

一方のゴールマウスには、この日も高丘が。ただ、ベンチには南が復帰 していた。ここからは、一試合一試合が高丘にとってはポジションキープの ための戦いになる。それでも、この間チームの好調をキープできていたことに 対する高丘の貢献は期待以上だったともいえる。おそらく後半から出場してくる はずの大黒との駆け引きにも注目だった。

前半は雨をたっぷり吸ったピッチと強い風のせいか、両チームともパスの精度を 欠いて落ち着かない展開。セットプレー以外にはなかなかゴールの気配が感じられない。 そこに対しては両チームとも集中を切らさずに守り切っていた。 ゴール前でのカズとスゲの攻防など、細かい見どころはあったが スコアは0−0のままハーフタイムに。

試合のペースが一気に上がったのは、後半の15分過ぎから。カズに代えて 永田が出場したが、永田は左サイドに入り野村が右へ、チュングンがイバの 後方へとそれぞれポジョンを移動。これで、横浜FCの推進力がぐんと高まった。 その結果が出たのは交代からわずか5分後。左サイドで永田、チュングンがスルー、 佐藤が繋いで再びチュングンへ。そのタテへの突破から中へ返すと、イバが 鮮やかにダイレクトシュートを菅野の脇の下へと流し込んだ。ついに出た、 待望のイバのゴールで1−0に。その直後の吠え方からも、イバ自身に溜まっていた ストレスの大きさがうかがえた。

こうなると流れは完全に横浜FCに。10分後には、FKからのこぼれ球に これまたチュングンが詰めると、相手DFがその足を引っかけてPKに。 これをイバがいつものように決めて、2−0に突き放した。PK勝負があまり 得意でない菅野のことは、三ツ沢のファンならみんなよーく知っていること。 一方、この試合の前までまだ1得点と、プレーの質のわりに結果が出ていなかった イバは、これで肩の力が抜けて量産体制に入ってくれるだろう。

追う立場になった京都は、このあとエスクデロ、大黒と、これまでコンディション の関係でベンチに控えていた攻めの切り札を起用してくる。それでも、それぞれに まだ本調子でないのはプレーからも明らかで、このタイミングで対戦できたことも ある意味横浜FCにはラッキーだったかもしれない。

これで、試合前から注目していた高丘対大黒の直接対決も実現したわけだが、 数年前に渋谷が受けたような洗礼もなく、何度か絡んだ機会も冷静に凌ぎきった。 チュングンとイバの2トップで2ゴール。新しいコンビの可能性と、イバ自身の ぺースアップを期待できる内容で2−0の快勝。終盤にチュングンの代わりに 右サイドに入った増山もいい突破を見せていたし、攻撃の選択肢という収穫も 多くあった試合だった。

スタンドから出てくれば、三ツ沢の夜桜はこの日がピーク。遅咲きだった今年の 桜たちが、この夜の勝利まで待っていてくれたようだった。しかも、この数時間前には 岡山湯郷とのアウェイゲームで、われらがシーガルズもなでしこリーグ2部での今シーズン 初勝利を上げていたし。まさに、横浜FCサポには嬉しさ満開の一日となった。 となればもちろん、横浜西口でいつものお仲間との祝勝会に。ただ、そのあと 続々とやって来るだろうと思ったブルーな人たちが来店しなかったのは、 きっとそのままわれらが丘での祝杯が続いていたからでしょう。試合後に ビショビショにされていた田所のお誕生日も含めて、とにかくめでたい、めでたい。


先発メンバー:GK高丘、DF藤井、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、チュングン、野村、FWイバ、カズ

控え:南、渡邉、永田、寺田、増山、中山、大久保

◆横浜FC 2−0 京都サンガF.C.    〔得点〕 61分、71分 イバ        〔入場者数〕 2,908人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 03月25日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 完敗の前半のまま今季初の黒星 ま、次だ次 >
'17 J2リーグ第5節 対徳島戦。前節のアウェイ岐阜戦に逆転勝ちして、 勝ち点10の2位。ここ数年の中では最高のスタートをきった横浜FCが ホーム三ツ沢に帰って迎える試合。それでも、スタンドの観客はまた少し 減っている感じ。まあ、いまのところはあまり騒がれずに、粛々と勝ち点を 積み重ねていればいい。相手も好調な徳島だけに、どちらの勢いが本物なのか、 ピンク紙にも注目されている楽しみの多い試合だった。

いつもの席に着くと、バックスタンド裏にはまた2週間前と違った景色が。 いちばんアウェイ側にあった建物も取り壊されて、アパート群がほぼ 姿を消していた。これからしばらくは、みなとみらい方面に向かって 見通しも風通しもいい景観になるのだろうが、その時はまだ想像もできない。 なんてことを考えていると、キックオフ直前にいつもの相方が、沖縄から 横浜に遊びに来ていたという姪っ子さんを連れて登場した。

16時キックオフということで、まだ少しだけ残る日差しを考えたか、 それともバックスタンド裏からの風を考慮したか、佐藤キャプテンは この試合もコイントスでアウェイ側のサイドを選択。ということは、 また前半に目の前でレジェンドゴールが見られるのか。どちらかというと、 今日の相手にはDFライン裏への飛び出しを得意とする津田を起用して くるかと思っていたが、監督のチョイスは負傷のウワサもあったカズだった。

そのほかでは、両サイドのMFに野崎と永田が初先発。しかし、この2人が チュングンと野村ほど存在感を示せない。カズも、相手の詰めの早さと寄せてくる 人数の多さにキープもままならない。イバが完全に孤立させられる状態で、 シュートも打てないまま時間が過ぎていた中、同じように左サイドから 崩されて約5分の間に立て続けに2点を奪われた。おそらく、こちらの シュートは0本。0−2のまま、ほぼ手も足も出ない状態で前半を終えた。

ハーフタイムでカズは交代。これは、今シーズン最短の出場時間だったが、 今日の前半の出来では致し方ない。それは、カズ一人だけの責任ではなく、 3バックの相手にプレッシャーをかけられず、中盤で佐藤も中里もボールを 落ち着かせられなかったチーム全体の問題。さらに、前半を通じて修正も できなかったベンチの問題でもあったが、とにかくよく2点差で済んだと 思える前半戦だった。

ピッチに戻ってきた選手たちが、ベンチ前で円陣のようになってコーチの指示を 確かめる。さて、監督からはどんな修正の指示が出されたのか。それでも、 後半に入って津田が前線でボールに絡むようになると、ようやく横浜FCにも シュートチャンスが。さらに、FKからイバが放ったシュートはバーを直撃。 この時間帯に1点取れれば、まだ試合の流れは変えられると思えたが。この日は、 その1本が入らない。GKの正面に飛んだり、わずかに枠を外れたり。ただ、 その間にも鋭い逆襲をくってあわや3失点目かという場面も何度か。ここは、 GK高丘の好セーブで切り抜けたが、どちらに点が入ってもおかしくない展開が続いた。

このプレーをなぜ前半からできなかったかと、悔やんでも仕方がないこと。 結局後半は両チームともチャンスはつくりながらも無得点で、0−2のまま試合は終わった。 横浜FCは、これが今シーズン初の敗戦。複数失点も初めてだったし、無得点で終わったのも 初めてだった。ただ、後半の攻勢は、好調徳島相手でも通じていたわけで、 必要以上に引きずることはない試合内容。試合への入り方と、3バックからの展開が まんまと嵌った前半の完敗は認めて、次の試合に向けて切り替えていこう。 Jリーグデビューをホーム三ツ沢で果たした前嶋のプレーも、見どころはあったしね。

振り返れば、寒さのせいもあったが、ともに試合中に2回ずつトイレに向かっていた 2人組も集中力不足があったと言われれば否めない。今季初の沈んだ気持ちで、 いつものお仲間との合流も果たせなかった2人組は、それでも姪っ子さんを連れて いつもの横浜西口へ。ここで、気持ちをリフレッシュして、次節の福岡戦に備えたのでした。 とにかく連敗はダメだからね。次が大事なんだ、次が。


先発メンバー:GK高丘、DF藤井、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、野崎、永田、FWイバ、カズ

控え:大内、渡邉、寺田、前嶋、津田、中山、大久保

◆横浜FC 0−2 徳島ヴォルティス    〔得点〕        〔入場者数〕 4,124人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 03月12日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 日常が戻ったわれらが丘で 新たな「伝説」を目撃 >
'17 J2リーグ第3節 対クサツ戦。開幕祭りに次ぐアウェイ長崎戦を 引き分けて、2試合で勝ち点4という順調なスタートをきった横浜FC。 ホームに帰って、さらに勝ち点3を積み上げたいところ。おそらく、 日常に戻ってゆったりと観戦できるはずと、これまた通常のペースに 戻ってキックオフ15分前にゴール裏スタンドに駆けつけた。

スタンドに登って最初に気づいたのは、バックスタンド後ろの景色が 2週間前と変わっていること。見慣れたアパートの取り壊しが着々と 進められている。今シーズンが終わるころには、どんな風景になって いるのだろうか。どうせなら、いまのうちにバックスタンドを拡大して 屋根まで付けちゃえばいいのに。

ピッチを見れば、開幕から3試合連続でカズが先発に。そのほかでは、 前節の長崎戦から出場しているGKの高丘が、待望の三ツ沢デビューを 果たしていた。南の負傷状態は気になるところだけど、ユース育ちの 守護神がトップチームのゴールマウスを守る姿は、ベンチ入りしている まだ16歳の大内と合わせてクラブの新しい歴史の1ページともいえた。

前半が始まると、懐かしの阿部巧が左サイドではなく中央に位置して ボランチに。小さな体をぶつけるようにしてDFと二人でイバを挟み込む。 開幕から2連敗スタートのクサツは、新しい試みをしているようだった。 そんな気合のこもった積極的プレスにやや押され気味のスタートになったが、 15分を過ぎたあたりから横浜FCのチャンスが増えてくる。この流れのうちに 先制点をと願っていたところで、この試合のハイライトが生まれた。

前半の40分、中盤底の中里からケンスケにタテパスが入ると、ここで一瞬ためを 作ってから左サイドへ、これを野村が相手DFを引き付けつつスルー、その外に 走り込んでいた田所がダイレクトでゴール前に返すとイバが躊躇なくシュート。 これは右に飛んだ相手GKがかろうじてはじいたが、そこに詰めていたのがカズだった。 弾むボールを左足で叩くと、DFとGKの横を抜けて逆サイドのゴールネットへ。 ムダな力を入れることもなく、正確なミートで仕上げの仕事をやってのけた。 まさに、50歳を自らが祝うメモリアルゴール。しかも、ホーム側のゴールへ。 横浜FCのサポーターたちの目の前で、熱い祝福を受けながらのダンスも しっかりと目撃することができた。一気に盛り上がったスタンドの興奮もさめないままに、 試合は1−0でハーフタイムに。

一時期、ヘディングでのゴールしか見られなくなっていたカズだが、昨シーズンは セレッソとのアウェイ戦で右足でゴール。そして、この日は左足で見事に決めた見せた。 年齢のことは言われたくもないだろうが、フィジカル的に両足ともに反応出来てゴールを 入れられるというのはお見事としか言いようがないし、そういった意味で本人も 嬉しいゴールだったのでは。開幕前からの騒々しさはある意味プレッシャーでも あったと思うが、それもこれもこの1点で吹き飛んでしまったように思う。

この日のカズのプレー時間は、開幕戦より5分短く約60分。もちろん、その交代シーンでは スタンドからの大きな拍手が。欲を言えば、その代わりに出場してきた津田のゴールで 突き放してくれればチームとしては満点の試合だったが、ザンネンながらそれはかなわず。 残り5分ほどで今シーズン初の出場を果たした大久保のゴールもならず、試合は 1−0のまま、カズのゴールをみんなで守り切る形で終了。それと同時に、 高丘のホームデビュー戦も、めでたくクリーンシートとなった。これでホームゲームは 開幕から2連勝。さすがに連続の1万人越えはならなかったが、クサツ相手の5千人 オーバーは悪くない数字。ただ、この日の新たな「伝説」が知れ渡れば、次節以降は また観客も増えるのでは。チームもその勢いに乗って、このまま勝ち点を重ねていきたいところだ。

勝利プラス、レジェンドのゴール目撃で、笑顔いっぱいのお仲間と合流して横浜西口へ。 お店お薦めの「特大マグロの兜焼き」で、祝杯とともに勝ってカブトの緒を締めて 次節HUBでの対岐阜戦に備えたのでした。きっとまた、水曜版のピンク紙は永久保存版だな。 さあ、今週もお仕事がんばろー。


先発メンバー:GK高丘、DF藤井、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、野村、チュングン、FWイバ、カズ

控え:大内、渡邉、永田、前嶋、津田、中山、大久保

◆横浜FC 1−0 ザスパクサツ群馬    〔得点〕 40分 カズ       〔入場者数〕 5,214人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 02月26日 ニッパツ三ツ沢球技場  < ハッピーニューシーズン&バースデー 満員のホームで快勝 >
'17 J2リーグ開幕戦 対松本戦。さあ、待ちかねた新シーズンのスタート。 数日前には全エリアのチケットが完売となっていた注目の一戦は、 快晴のホーム三ツ沢に13,000人超えというクラブ史上2番目の お客さんをむかえていた。その理由が、バス数十台で横浜観光に来たという 緑の大集団のおかげであれ、Jリーグ25年目の開幕日に50歳の誕生日をむかえる ?持ってる”レジェンドへの好奇心であれ、お金さえ払ってくれればただただ ありがたいこと。そんな皆さんにしてあげられるに私たちのおもてなしといえば、 三ツ沢に来さえすればいつでも見られるプレー姿と、Pidlの歌と踊りを しっかりと目に焼き付けて帰ってもらうことくらい。さらに、おみやげに 勝ち点は持たせてあげられないので、よかったら「シウマイ」でも 買って帰ってください。

私が丘を上ったのは、キックオフの約1時間半前。それでも、すでにゴール裏は 最上段まで埋まり、いつもの相方がキープしていてくれた席に窮屈におさまる。 毎年のことだが、シーズン初戦に見る新緑のピッチはまぶしく、気持ちも高まる。 ただ、今年の景色でいついもと違うのは、ベンチ前に群がるカメラマンの数。 試合前の練習に登場してくる選手たちを待っているのだろうが、まるで代表戦かと 思うピッチ上の混雑ぶりだった。

相変わらずの小顔だったアダッチーをはじめとして、開幕戦を盛り上げてくれるゲストもいろいろ。 そんなイベントをじっくりと楽しんでいるうちに、向い側のゴール裏から メインとバックスタンドの半分くらいまでが、あの大嫌いな深緑色に染まった。 「アルプスが何万尺だか知らないが」、昨シーズンの最終節のあの不愉快な借りは 返させてもらうから。いくら人数を集めようが、今日のホームはウチだからね。 そして、試合が始まった。

試合に目を移せば、先発に並んだ新戦力はCBのキャラ(ヨン ア ピン)と、 右サイドのジョン チュングン。イバもいる、新キャプテンのケンスケもいる。 わがクラブにしては珍しいくらい昨年のベースが残ったうえに、補強ポイントを 埋める期待のメンバーがさっそくポジションをつかんでいる。プレシーズンマッチの 結果を見るまでもなく、今シーズンにかけるクラブの意気ごみが伝わってくる 陣容だった。

リーグ初戦ということもあり、両チームが安全第一でロングボールを蹴り合う中で、 少しずつ松本がセカンドボールを拾う機会が増えシュートにもつながる。まあ、序盤は こんなものだろうと見ていたら、意外にもあっさりと横浜FCが先制点を奪った。 イバがサイドに流れながら起点を作り中里がケンスケに返すと、もう一度縦パスをイバに。 ここで一瞬ためを作ると、その横に走り寄った野村に丁寧なショートパス。これを、受けた 野村が目の前のDFを落ち着いて見極めながら思い切りよくシュート。すると、2人組に 向かって滑るように転がってきたボールは、相手GKの指先を抜けてネットにおさまった。 おそらくこれがチームの最初のシュート。ほーっという展開に、お見事なシュート。 大声自慢の深緑の、その静寂が痛快だった。

この1点を境目に、展開はほぼ互角に。イバの直接FKは惜しかったけど、スコアは 動かずに前半も残り数分に。ここで思い出していたのが、やはり昨年の最終戦の展開。 この日と同じ1点のリードを、終了直前のPKで追い着かれたのが勝敗に大きく影響したからだ。 しかし、その二の舞にはならず、最後のCKも守り切って1−0のままハーフタイムに。 これで、昨年との両チームの力関係の変化を確かめることができた気がした。よし、これならいけると。

それでも、一瞬も気を抜けない相手なのは確か。後半も、緊張の途切れない攻防が続く。 ただ、今シーズンの横浜FCはそれに十分に対抗できている。特に、DFラインをコントロール しているキャラの存在感が大きい。1対1になっても余裕があるので、まわりもバタバタ することがない。昨年獅子奮迅の働きをしていた西河が、いい意味で目立たないのが なによりDFラインがレベルアップしている証拠だった。試合を通じて相手に出た イエローカードが4枚で、横浜FCがゼロ枚。レフリーの判定に多少のラッキーは 感じたが、それでもこの数字からも横浜FCが後手に回っていなかったことが分かる。 この相手に対してのそれは、わがチームの成長の証ともいえた。

前人未到の50歳Jリーガーのプレーは65分まで、遠来のお客様にもたっぷりとご披露して 津田と交代。さらに、残り10分を切ってからJリーグ初登場のチュングンが野崎と交代。 そうした中でもチーム全体の集中は途切れることなく、危なげなく1点のリードを守り切った。 試合終了とともに、静まり返る反対側スタンド。まあ、規律正しくみんなで歌って踊るのは 地元に帰って好きなだけやってください。そんな応援はマネしたいとも思ってないので。

終わってみれば、順当とも思える完封勝ち。期待していた選手が、それぞれのポジションで 持ち味を見せ。攻撃にも守備にも、昨年よりポテンシャルが感じられた試合。それを 満員のスタンドの前で披露できたことも嬉しいし、余計な歌声を聞かなくて済んだことにも 大満足だった。クラブ恒例のMVP投票の一人を選べといわれても難しいくらい、今年の チームのいいところばかりが見えた試合だったが。私がMVPの一票を入れるとすれば、 なんといっても中田監督。海外からの取材も含めて200人以上というメディアを集めて、 シーズン開幕戦に50歳のお誕生日を迎えるFWを擁したチームで指揮を執るという、 世界でも誰もやったことがないミッションを見事にクリアしたうえで、チームはホームで 強敵に快勝。これだけ複雑で多様な仕事をやってのけた監督を、なんといって賞賛したら いいのか。言葉が見つかりません。

これ以上ないという快心の結果に、日曜日の午後4時からの祝勝会を久々にわれらが丘に 集ったお仲間とじっくりと楽しむために丘を下ると、横浜西口5番街には同じ目的のグループが いくつも。次節の長崎にも遠征するというお二人に、現地での応援をお願いして改札前で解散 したのでした。あくまでリーグ戦の1試合を終えただけだが、いつも以上に期待できるシーズンに なりそうな予感。そのシーズンを思う存分楽しむためには、あとの懸念は「DAZN」くらい。 その改善ぶりは、来週のHUBで確かめさせてもらうとして、さあ今年も長いシーズンが始まったぞ。


先発メンバー:GK南、DF藤井、キャラ、西河、田所、MF中里、佐藤、野村、チュングン、FWイバ、カズ

控え:高丘、渡邉、永田、野崎、寺田、津田、大久保

◆横浜FC 1−0 松本山雅FC    〔得点〕 16分 野村       〔入場者数〕 13,244人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 02月18日 パシフィコ横浜・アネックスホール  < はい、どこまでもついていきますよ 新キャプテン!! >
いまさらですが、明けましておめでとうございます。例年と違って、 チーム始動前の新春「新体制発表会見&もちつき大会」が開催されなかったので、 今シーズンのチーム公式行事参加はリーグ開幕一週間前のこの日が初めて。 かなり焦らされた気持ちで、「横浜FC2017キックオフカンファレンス 新体制発表記者会見&シーズンウェルカムパーティー」の会場 「パシフィコ横浜・アネックスホール」へと向かっていた。

待たされたせいだけでなく、ここ数年に比べると期待が膨らんでいたのは確か。 それはパソコンの画面で見守っていた「2017DAZNニューイヤーカップ」での 優勝はもちろん、それ以前に昨シーズン後半の好調を支えたイバとケンスケの 残留がベースにあってのこと。監督も、ここ2年と違って言葉は通じるし、 とりあえず健康そうだし。いろいろな意味で待ちかねたイベントだった。

ということで、この日の壇上には今シーズンのチーム登録された29名の 選手全員が揃っていたが、その中でもまだ顔と名前が一致していない 今シーズンの新加入選手9名のプロフィールをここに記しておく。

渡邉 将基(わたなべ まさき)
 ■生年月日:1986年12月02日(30歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:181cm/77kg
 ■出身地 :京都府
 ■チーム歴:京都FC長岡京-桂高-京都産大-サガン鳥栖-横浜FC-ギラヴァンツ北九州-
       ヴァンフォーレ甲府-FC岐阜-ヴァンフォーレ甲府


中山 雄希(なかやま ゆうき)
 ■生年月日:1994年10月16日(22歳)
 ■ポジション:FW
 ■身長/体重:174cm/73kg
 ■出身地 :埼玉県
 ■チーム歴:浦和駒場サッカー少年団-柏レイソルJrユース-大宮アルディージャユース-早稲田大


新井 純平(あらい じゅんぺい)
 ■生年月日:1994年11月12日(22歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:173cm/67kg
 ■出身地 :埼玉県
 ■チーム歴:江南南SSS-浦和レッズJrユース-浦和レッズユース-早稲田大


ジョン チュン グン
 ■生年月日:1995年03月01日(21歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:184cm/73kg
 ■国籍 :大韓民国
 ■チーム歴:FCナントユース-FCナントU(フランス)


カルフィン ヨン ア ピン
 ■生年月日:1986年07月18日(30歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:183cm/78kg
 ■国籍 :オランダ
 ■チーム歴:FCフォレンダム-SCへーレンフェーン-フィテッセ-SCヘーレンフェーン(オランダ)-
       清水エスパルス-FC町田ゼルビア


増山 朝陽(ますやま あさひ)
 ■生年月日:1997年01月29日(20歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:173cm/72kg
 ■出身地 :福岡県
 ■チーム歴:板付中-東福岡高-ヴィッセル神戸


石井 圭太(いしい けいた)
 ■生年月日:1995年06月22日(21歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:173cm/66kg
 ■出身地 :神奈川県
 ■チーム歴:東京ヴェルディジュニア−横浜FCジュニアユース−横浜FCユース-横浜FC-グルージャ盛岡(期限付き移籍)


市川 暉記(いちかわ あきのり)
 ■生年月日:1998年10月19日(18歳)
 ■ポジション:GK
 ■身長/体重:190cm/86kg
 ■出身地 :神奈川県
 ■チーム歴:FC中井−湘南ベルマーレ小田原−星槎国際高


山本 凌太郎(やまもと りょうたろう)
 ■生年月日:1998年12月07日(18歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:172cm/62kg
 ■出身地 :千葉県
 ■チーム歴:横浜FCジュニアユース−横浜FCユース


小宮山 尊信(こみやま たかのぶ)
 ■生年月日:1984年10月03日(32歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:176cm/73kg
 ■出身地 :千葉県
 ■チーム歴:船橋FC-ジェフユナイテッド千葉Jrユース-市立船橋高-順天堂大-横浜F・マリノス-川崎フロンターレ
       

西谷の練習でもすでに存在感たっぷりだったヨン ア ピン、攻撃陣への刺激が 楽しみなチュングン、増山、中山など、それぞれ期待を膨らませてくれる選手が 並んでいたが。このカンファレンス当日に発表された中でいちばんのサプライズが 佐藤謙介のキャプテン就任。なんだ、クラブもその存在価値と今年の立ち位置をよく 分かっているのね。この人選は、昨年末の残留発表を喜んで年賀状にまで起用していた私を おおいに高ぶらせてくれた。

さっそく、この日のサイン用に持参していた「2017吉田家年賀状」に本人のサインを もらい、激励の言葉をかけるとともに年賀状の送付を約束。これだけでもう、この日の 出席のもとはとれたも同然だった。あとは、シーズンを通して新キャプテンを信じて 付いていくだけ。ますます、開幕が待ち遠しくなったところで、会場で合流した メインスタンドのお仲間と野毛へと移動して、自分たちの「新年会兼決起集会」を 決行したのでした。あー、まだあと一週間あるけど、もう仕事してる場合じゃないな今週は。


横浜FCの試合日程は2017 試合日程で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
どうぞ。
 
2016 11月20日 松本平広域公園総合球技場  < 約2万人のどアウェイで 今シーズンをすべて終了 >
'16 J2リーグ最終節 対松本戦。前節で今シーズンのホームゲームは終了。 順位の面でも6位以内のプレーオフ圏突入の可能性は完全に消滅していたが、 この日のアルウィン遠征はシーズン前に日程が発表されたときから個人的に 決行を決めていたもの。結果的には、あの大好きなカントクが率いる相手チームの 自動昇格阻止という興味深いミッションが課された試合となっていた。

私としては、今シーズン初となる宿泊付きのアゥエイ観戦。先月の山口行きを 直前で断念したぶんまで気持ち的には盛り上がっていたが、唯一気がかりだった のはこの季節の信州松本の寒さとお天気。三ツ沢と同じくらい屋根も逃げ場もない アルウィンのゴール裏で、氷雨に打たれるのだけはカンベンという祈りが通じたか。 前泊のために移動していた土曜日の夕方でほぼ雨は上がり、試合当日は 温か過ぎて霧が立ち込めてしまうくらいの陽気。天皇杯の大宮戦のときに 買い込んだ手袋もネックウォーマーも用意してきたが、一度も活躍する場面はなかった。

前日の「白州蒸留所」立ち寄りも、この日午前中の「君の名は。」聖地巡礼も、 考えていたミッションは順調にコンプリート。残すは、「どアゥエイ」となるはずの スタジアム中をしーんと黙らせるだけ。その気合が、私にしては珍しいキックオフ 1時間半前の現地到着にあらわれていた。しかも、そこまで利用した塩尻駅からの シャトルバスは、車中の9割が緑色。いつもの相方も欠場の今回は、口をきく 相手などいるはずもなく、沈黙の中でひそかにメラメラ、ワクワクと心躍らせての 敵地突入だった。

試合は、前半開始早々の野崎のゴールに始まり、そのまま終われればと念じていた 前半終了間際のPKで同点に。その勢いで後半開始直後に相手に逆転ゴールを 入れられたが。その4分後には、今度は西河が野崎と同じく今シーズンの初ゴール を叩き込んで同点に。昇格争いのおかげでNHK-BSも放送するという、注目の 一戦にふさわしい緊張感のある攻防を見せてくれていた。

メインスタンドから見て左サイドのスタンドの中でも、ごくごく 限られた片隅に設けられたアウェイ席の最上段で立ち見していたこちらも、 その戦いぶりに納得しながら勝負の行方を見守っていたが。いまひとつ気に入らなかったのは、 その限定エリアにもかなりの数のホーム側サポ(あるいはファン)が入り込んでいたこと。 たしかに、ホームチームのユニやマフラーなどは身に着けていなかったが、 例えば野崎の先制ゴールのときも、ひとり雄叫びをあげた私のまわりは静かなもの。 一瞬、なんだよそれはと、それでなくても嫌いな相手チームに対してさらに腹が立ってきた。 そりゃあ、あれだけ狭められたスペースさえ埋められない、こちらの動員力のなさは 言い訳できないけど。あんな感情むき出しになる場に、しかも子供連れでわざわざ 入り込んでくるなよ。また、それを知ってて見過ごしている運営サイドも甘すぎでしょ。 何かの拍子に言い争いとかになれば、その当事者が責められるんだから。事前に そういう環境をつくらないことが、大切だと思うんだけど。そのことに関しては、 試合の展開とは関係なく、ずっとイライラ状態でした。

そんなこともあり、こんな田舎チームに絶対負けたくねえと、さらに気合が入っていたところで。 またしても、あのカントク得意のセットプレーで決勝点が。決めたのは、交代出場で入った ばかりの選手。しかも、その選手には今シーズン途中の移籍前にも、三ツ沢で前所属チームで 対戦した時に同じくCKから決められているという念の入れよう。結局、承知で乗り込んだ 「どアウェイ」でのシーズン最終戦は、接戦ながらも悔しい敗戦で終了。 それでも、待望していた野崎の初ゴールと、試合後のうっちーの男泣き(王子泣きか?)を、 ナマで見られただけでも、遠征を決行したかいはあったというもの。ただし、内田に関しては、 交代早々のプレーでひざを痛めたようで、その後の動きに精彩を欠いたのはザンネンでした。

そのうっちーの後姿を見届けたあとは、セレモニーで居残っている相手サポをいいことに、 まだ空いているシャトルバスへと一目散。往路と同じ塩尻駅へと向い、「あずさ」の車中で 祝杯用に用意していた「白州」の代わりにお手頃ワインをチビチビしながら、家路に着いたのでした。 この試合で、今シーズンの横浜FCトップチームの公式戦はすべて終了。最終成績は16勝15敗11分けの 勝ち点59で、順位は8位。たしかに、昨年に比べれば、カントクに関する見切りと応急処置が 早かったぶんだけ順位は上がったけど。そもそも、それなら2年連続となるその任命失敗は誰の 責任になるのか。そこから追及しないと、根本の解決にはならないし。それが本当にできるのかは、 今シーズン最後のおつとめとなるクラブメンバーミーティングで確かめさせてもうことにして、 恒例の冬眠はそのあとだな。おっとその前に、あの選手とあの選手の契約更改の知らせを聞くまでは、 まだまだ眠れるはずもないけど。とりあえず皆さんには、今年も長いリーグ戦お疲れさまでした。


先発メンバー:GK渋谷、DF市村、楠元、西河、永田、MF中里、寺田、野村、野崎、FW小野瀬、イバ

控え:高丘、田所、ソンス、内田、津田、大久保、カズ

◆横浜FC 2−3 松本山雅FC    〔得点〕 9分 野崎、 54分 西河       〔入場者数〕 19,632人


横浜FCの試合日程は2016 日程&結果で、 メンバー表は 2016選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2016 11月12日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 雲ひとつない秋晴れの下 3,500人のホーム最終戦 >
'16 J2リーグ第41節 対金沢戦。今シーズンは最終節がアウェイ戦のために、 この試合がホーム最終戦。前節のアウェイ岐阜戦での痛い敗戦により、もし この試合と次の松本戦に勝って勝ち点で並んでも、得失点差で6位には 届かないであろうという状況で迎えた試合。とはいえ、いちおう終盤まで 昇格プレーオフ圏への可能性を残してきたシーズンにしては、あまりに寂しい スタンドの埋まり具合。言い訳のしようもない絶好の秋晴れのもとでこの スタンドを見上げる選手たちはどう思っているのか。そしてもちろん、社長は 何を感じているのか。私には、これから始まる試合よりも、そちらのほうが 気がかりだった。

それでも、ホームのアドバンテージを最大限活かして大量点をあげておけば、 まだ次節まで淡い夢を見ることはできる。それに向かって最後のあがきを 見せてくれるかと、微かな期待は持っていたのだけど。それも無駄だった。 試合は、降格圏脱出を狙う相手の気合に押される展開に。見どころといえば、 前半と後半に1回ずつあったGK渋谷のビッグセーブくらい。特に、後半の PK阻止は、一度はじいたボールがゴール前に弾んでいるのを、素早く身体を 立て直して自ら抱え込んで防いだもの。あの体格であの反応は、渋谷の ポテンシャルの高さをあらためて見せつけたプレーだった。

結局、90分を終えてスコアは0−0。昨年や一昨年のように、ベンチが一つになって ゴールを喜ぶようなシーンも無し。そうした盛り上がりがない理由の一つには、 この試合の前までに来季に向けた契約非更改選手が発表されていなかったせいも あるのだけど。とにかく得点が入らなければ、ベンチも、スタンドも喜びようがない。 そうした淡々とした雰囲気のまま、今シーズンの三ツ沢納めの試合が終わり。 引き分けという結果が出た瞬間に、プレーオフ出場の可能性も100%消滅した。

試合後のセレモニーでは社長の意味不明のハプニング宣言と、監督に続くはずの、 一番聞きたかったキャプテンの挨拶もなく。スタンド沿いをまわっての全選手の挨拶も、 あっさりとしたもの。メインスタンドの前での選手一同の記念撮影のまわりだけは、 なんとなくシーズンの最後を惜しむ雰囲気があったけど。ファンやサポーターとの距離感は、 年々遠くなってきているように感じるのは私だけだろうか。まあ、それもこれも含めての、 ホーム最終戦の3,500人という動員なんだろう。

それでもなんでも、来週はあの松本で、まだ優勝だの自動昇格だのがかかった試合があるから。 どうせまた、あの緑一色のスタンドを、あの一言多い監督が嫌みたらたらに煽って、 手を変え品を変えて小賢しくセットプレーを仕掛けてくるんだろうから。 最終戦の相手に決まったときから、この試合だけは勝ってくれとひとり祈っていた私は、 よせばいいのに「どアウェイ」になるであろうゴール裏に乗り込みます。 今シーズンのメンバーで戦える(ケンスケは出場停止だけど)最後の試合を、みんなで笑って終わろうぜ。 そう、ヨコハマならね。


先発メンバー:GK渋谷、DF藤井、大ア、西河、永田、MF中里、寺田、野村、野崎、FW津田、イバ

控え:高丘、市村、田所、ソンス、小野瀬、大久保、カズ

◆横浜FC 0−0 ツエーゲン金沢    〔得点〕       〔入場者数〕 3,510人


横浜FCの試合日程は2016 日程&結果で、 メンバー表は 2016選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。



<データはこちら>
2017 試合日程 2017 選手一覧 '16 結果&選手
'15 結果&選手 '14 結果&選手 '13 結果&選手
'12 結果&選手 '11 結果&選手 '10 結果&選手
'09 結果&選手 '08 結果&選手 '07 結果&選手
'06 結果&選手 '05 結果&選手 '04 結果&選手
'03 結果&選手 '02 結果&選手 '01 結果&選手
'00 結果&選手 '99 結果&選手 日記帳 '99〜

<横浜FCの裏も表も知りたい方に!>
横浜FCオフィシャルサイト 横浜FCアンテナ
横浜FCオフィシャルブログ 横浜FCコミュニティブログ
横浜FC 公式 Facebook Page 横浜FC香港オフィシャルサイト
横浜FCサッカースクール 一家揃って横浜FC!!
El Cielo Azul de YOKOHAMA 横浜FCバックスタンド
横浜FCユース JungerFULIE 若い翼 横浜FCユース
ソシオ横浜公式サイト フリエの伝言板
ソシ オ-YFSC問題に真っ向勝負なHP MANI's Message Boad

     
<スペシャルリンクス!>
LEOC ジャパンエレベーターサービス
NITTAI soccer junky
晃鈴産業 GENOVA
NHK ニッパツ カバヤ薬局
横浜市水道局 横浜熱闘倶楽部
HUB横浜西口店 横浜西口五番街ドットコム
天然温泉 満天の湯 SKYspa YOKOHAMA
カナロコ(神奈川新聞) J:COM




タイトルへ

トップページへ