埋め立て地も、遊水地も好きなように使ってくれ。横浜FCには三ツ沢がある!!

丘の上写真日記

トップ 写真日記 ぎゃらりー サッカーもの 2002 とび丸 toto アーカイブ 掲示板
 
2017 11月19日 フクダ電子アリーナ  < 25ゴールで得点王を確定! イバを祝福するためだけに蘇我まで往復 >
'17 J2リーグ最終節 対千葉戦。前節でJ1昇格プレーオフ圏内である 6位の可能性が完全消滅してむかえた今シーズンの最終戦。一方の千葉は、 この試合に勝てば他チームの勝敗次第でプレーオフ出場の可能性を残している。 今までのチームの戦いぶりや、昨年までの千葉やスタジアムとの相性を考えれば考えるほど わざわざアウェイまで遠征する意欲が萎えそうになるシチュエーションだったが、 前日にネット上で見つけたイバの記事にわずかな期待を感じたのと、その得点王獲得の 現場に立ち会わなくてはという義務感が、総武線直通一本の蘇我へと背中を押していた。

駅に降り立ったときからスタジアムまで、まわりには黄色い人たちだらけ。 そういえば昨シーズンの最終戦は、同じように深緑の人たちに囲まれてたなと思い出す。 たせきることは相手チームの昇格圏争いの邪魔をするだけという状況もほぼ同じだが、 シーズン途中まで期待が大きく膨らんでいたぶんだけまだ切り替えができていないというのが正直な心境。 それでも、イバのゴールと、このフクアリでの初勝利が、せめてものモチベーションだった。

ところが、この試合にかかっているものが大きいぶんだけ選手たちが固くなっていたか、 満員のスタンドからの声援がプレッシャーになったのか、試合は意外なカタチで始まった。 開始1分に、石井からのタテパスを右サイド奥まで諦めずに追ったチュングンがボールを奪うと、 それを素早くゴール前に。ゴール前には野村が詰めていたが、 ボールはその手前に戻っていた相手DFの足に当たってオウンゴールとなった。 これで、あっという間に1−0に。

その後は、どうしても勝ちたい千葉が鋭い出足でボールを奪い攻勢に。 横浜FCとしては耐えながらカウンターを狙いたいところだったが、 なかなか相手のラインの裏へボールを通せない。 すると、前半の30分を過ぎたところで高丘が一瞬のスキを突かれ、 クロスと決めつけて開けてしまったニアサイドを撃ち抜かれた。これで、1−1に。 そのあとも、引き分けではプレーオフ圏内から脱落する千葉が攻め、 横浜FCが凌ぐという展開で1−1のままハーフタイムを迎えた。

後半も勝ち点3にこだわる千葉がサイドを広く使って攻め込むが、 焦りもあるのか最後のシュートが枠から外れる。 その間にタヴァレス監督は、右SBの石井を下げて、この日は左SBをつとめていた新井を右にまわして田所を起用。 2枚目のカードでは、その新井に代えてカズを起用すると、今度はチュングンを右SBに下げる。 これまでに見たことのない交代策は、選手の新たなポテンシャルを見極める眼力があってのことなのか。 それとも、まだ名前とポジションを覚えきれていないのか。 もし来シーズンも引き続き指揮を執るなら、かなり斬新な横浜FCが見られるかもしれないが。

それでもなんとか相手の攻めを凌いで、試合はアディショナルタイムに。 すると、どこかで見たことがある気もしたが、左サイドからのCKに相手GKが上がって来た。 そして、これまた以前にも見た記憶がはっきりと残っている、終了間際の失点シーンが。 先週もそう叫んだ気がしたが、同じようなガッカリな展開を何度繰り返すのか。 勝利でしか昇格プレーオフへの希望が繋がらなかった千葉が、待ちに待った勝ち越し点。 満員のスタンドが大きく沸き返って、残りは時間は数分に。 ここにきてようやく3枚目のカードとして、大久保をピッチへ。 足を引きずり気味だったキャプテン佐藤に代えて前線に送り込んだが、時すでに遅し。 2週連続のアディショナルタイム失点で、今週は引き分けではなく1−2の敗戦に。 正真正銘、今シーズンが終わった。

最終成績は、17勝13敗12分、勝ち点63で順位は昨シーズンより2つ下がった10位。 リーグ前半戦の快走を思えば、息切れ尻すぼみと言われても仕方ない結果となった。 残り5試合での監督交代という劇薬も、昇格プレーオフにさえ結びつかず。 開幕前に掲げたJ2優勝と自動昇格で、クラブの20周年となる来シーズンを J1で戦おうという夢もはかなく消えた。 目標を掲げるのはけっして悪いことではないし、 ここ数年に比べれば応援していて楽しい試合が多くあったが、 それだけにシーズンを終わってこの結果は悔しい。 そんな落胆と脱力感にいつものようにご挨拶をする気力も失くした2人組は、 これまたいつものように逃げるように駅へと戻り、目の前に止まった千葉駅行きの各駅停車で蘇我から撤収。

冷静に考えれば、あとから来た快速電車に追い付かれることになるのだが、 そんなこともずっと気づかずに新日本橋駅で降りたところで同じ車両に乗っていたことを知った皆さんと、 シーズン終了の挨拶を交わしたのでした。 そのあとは、神田ガード下の「一軒め」で、ささやかにイバの得点王にカンパイ。 この時点では、まだ一人も発表されていなかったので、 例年のように契約非更改選手への挨拶もできずに、 最終戦の遠征を終えたのでした。皆さん、お疲れさまでした。そして、来春までおやすみなさい。


先発メンバー:GK高丘、DF渡邉、キャラ、新井、MF石井、中里、佐藤、野村、FWチュングン、レアンドロ ドミンゲス、イバ

控え:南、田所、藤井、山本、中山、大久保、カズ

◆横浜FC 1−2 ジェフユナイテッド千葉   〔得点〕 1分 オウンゴール     〔入場者数〕 15,994人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2017 11月12日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 最終節決戦目前に アディショナルタイム同点弾でシーズンに幕 >
'17 J2リーグ第41節 対岡山戦。前節の6試合ぶりの勝利で順位は8位に。 他力本願である状況は変わらないが、この試合に勝てば最終節のフクアリで もうひとつ可能性を持った試合を戦える。その権利を確保しておくためにも 絶対に勝利が求められる試合。プレーオフ圏を争うチームがすべて前日に 試合を済ませて、そこに並ぶためには自分たちが勝つしかないという立場は メンタル的にはきついかもしれないが、もうそんなことも言っていられない まさに土壇場のホーム最終戦だった。

それでも、前節のキャラ復帰と久々の勝利は、チームに自信のようなものを もたらしたように感じる。ホーム三ツ沢のコンディションも、先週に続く快晴。 「青に染める」プロジェクトの効果もあって、スタジアム全体にチームを後押しする 雰囲気はできあがっていた。自分自身も、前日の練習見学のときから、できるだけ前節のゲンを かついで駐車場の同じ場所にクルマを止めるなど、やれることはすべてやったつもりで 迎えたキックオフだった。

先週同様に、キックオフ1時間以上前にいつもの席に着いた2人組。 まぶしい陽の光を真正面から受けながら試合前のイベントを見届ける。 野村の100試合出場表彰では、名物お母さんとの抱擁に少し驚かされたが、 できれば来シーズンも一緒に三ツ沢で応援を続けていてもらいたいものだ。 注目の先発メンバーは、前節の試合終盤の布陣が基本構成のよう。 田所はベンチからもはずされ、出場停止が終わっている西河や右サイドの小宮山もいない。 そのかわり、先週ボランチで90分間中里の留守を守ったゴルゴ石井が右サイドに、 左サイドには新井が回っていた。そして、試合開始直前には、関係者のための黙祷が。

試合は、開始早々に押し込まれることもなく、逆に前に圧力をかけた横浜FCペースに。 チュングン、イバたちが積極的にシュートを放ったほかにも、いいポジションでのFKや CKの機会も多く、岡山相手には今まで記憶にないほど主導権を握れていた前半だった。 そうした流れの中から待望の先制点が生まれたのは35分。右サイドの石井からの クロスをゴール前中央でイバが力強くヘディングで押し込んだ。そのあとも、 キャプテンのポスト直撃シュートなど、追加点のチャンスの匂いもしながら1−0でハーフタイムへ。 先週からの勢いが続いているようで、安心して見ていられた前半だった。

こうなると、ノルマである勝ち点3だけでなく、他チームと比較して 得失点差まで計算したくなってくる。それさえ、欲張り過ぎに思えないほど 出来の良い展開だと思っていたが、そいつは大きな間違いだった。 後半に入ると、岡山の出足が鋭くなったのか、こちらの足が止まったのか、 自陣でプレーする時間が長くなってくる。それでも、耐えて守ってからの カウンターも鋭く、イバやレアンドロドミンゲスに何度かきわどいシュートチャンスが。 そのうち1本でも入っていれば、前節に続く2−0のクリーンシートも 十分にあり得た試合内容だったが、逆にそこで決めておかないと何かが起きてしまうのがサッカー。 そんな最悪の予感が、よりによってアディショナルタイムに現実になってしまった。

チュングンに代えて藤井を、石井に代えて寺田を起用して、かろうじて踏ん張っていた終了間際。 掲示板の時計の針が45分をまわりアディショナルタイムは4分という表示が出たあたりで、 イバとレドミの2人でビッグチャンスをつくる。しかし、リターンを受けたレドミが、 GKとほぼ1対1の状況でゴールの枠を外して頭を抱えた直後だった。 相手GKまでが上がって来たCKで、こぼれ球から打たれたシュートをいったん高丘がはじいたが、 それをもう一度ゴール前に返されて身体ごと押し込まれた。 残り時間と、引き分けでは昇格の可能性がゼロになってしまう状況を考えると、あまりにも痛すぎる失点。 今シーズン必死に積み上げてきたものが崩れていく音が聞こえるような、絶望的な失点だった。 ところが、ドラマはここでは終わらずに、直後に相手DFと競り合いながら抜け出してきたレドミが 今度こそのビッグチャンスを。ところが、残るはGKだけとなったゴール前でシュートタイミングを逸して 劇的決勝弾はならず。その直後に笛が鳴り響き、ほんの数分前まで希望をつないでいた 今シーズンがあっけなく終わった。

残り1枠の交代でグダグダと時間を使うとか、誰か一人カードを貰ってでも相手のプレーを切るとか、 なんでもいいから残り2分を乗り切ればつかめた勝利。 ただ、そんなことをいくら悔やんでも取り返しがつかないのが勝負事。 シーズン前半から夢見てきたJ1昇格への道はここで完全に断たれた。 冷静に考えれば、昨シーズンとほぼ同じ順位と立場で最終節を迎えることになっただけ。 ただし、シーズンを通じて期待が大きく膨らんでいたぶんだけショックもデカかった。 しばらく席から立ち上がれなかった2人組は、呆然とホーム最終戦セレモニーを眺めてからスタンドの裏へ。 ゲートの外でいつものメインのお仲間に挨拶と反省会辞退のお詫びをしてから、歩いて丘を下ることに。 せめてもの救いがあったとすれば、なーんにも耳に残らない社長挨拶の後のキャプテン謙介の 絞り出すようなお詫びとお願いの挨拶。もしその言葉を信じていいのなら、 もちろん来シーズンも一緒に戦わせてもらうから。ただ、そうした先のことはまた後日に考えることにしよう。

丘を下る坂道でちょっとだけ頭を冷やした2人組は、浅間下交差点横の中華料理屋さんへ。 ずっと前から延ばし延ばしにしていて、今日こそは試合結果にかかわらずご一緒しますと約束していた ゴール裏のお仲間との慰労会へ。15名ほどのほぼ初対面のサポさんたちに囲まれながら、 とりあえず自分たちだけでは癒しきれない傷を、無理やり癒していたのでした。 ああ、最後のワクワクドキドキを楽しめるはずだった明日からの一週間は、どこへ行ってしまうのか。 いや、その先のシーズンオフまでを考えると、再びこうした充実感を味わえるまで何か月待てばいいのか、 そもそも誰が来シーズンこのチームに残っているのか。 今考えても仕方ないことは、いっさい考えないことにして、横浜駅の改札前で解散したのでした。 あーあ、冬眠しようにも、まだまだ気分が高ぶっていて眠りにもつけないわ。


先発メンバー:GK高丘、DF渡邉、キャラ、新井、MF石井、中里、佐藤、野村、FWチュングン、レアンドロ ドミンゲス、イバ

控え:南、川ア、藤井、寺田、齋藤、大久保、カズ

◆横浜FC 1−1 ファジアーノ岡山   〔得点〕 34分 イバ     〔入場者数〕 8,324人


横浜FCの試合日程は2017 日程&結果で、 メンバー表は 2017選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。



<データはこちら>
2018 試合日程 2018 選手一覧 '17 結果&選手
'16 結果&選手 '15 結果&選手 '14 結果&選手
'13 結果&選手 '12 結果&選手 '11 結果&選手
'10 結果&選手 '09 結果&選手 '08 結果&選手
'07 結果&選手 '06 結果&選手 '05 結果&選手
'04 結果&選手 '03 結果&選手 '02 結果&選手
'01 結果&選手 '00 結果&選手 '99 結果&選手
日記帳 '99〜

<横浜FCの裏も表も知りたい方に!>
横浜FCオフィシャルサイト 横浜FCアンテナ
横浜FCオフィシャルブログ 横浜FCコミュニティブログ
横浜FC 公式 Facebook Page 横浜FC香港オフィシャルサイト
横浜FCサッカースクール 一家揃って横浜FC!!
El Cielo Azul de YOKOHAMA 横浜FCバックスタンド
横浜FCユース JungerFULIE 若い翼 横浜FCユース
ソシオ横浜公式サイト フリエの伝言板
ソシ オ-YFSC問題に真っ向勝負なHP MANI's Message Boad
青息吐息@三ツ沢猟友会 横浜FCと競馬を愛する男の日記

     
<スペシャルリンクス!>
LEOC ジャパンエレベーターサービス
NITTAI soccer junky
ヨコレイ インバースネット
晃鈴産業 GENOVA
NHK ニッパツ カバヤ薬局
横浜市水道局 横浜熱闘倶楽部
HUB横浜西口店 横浜西口五番街ドットコム
天然温泉 満天の湯 SKYspa YOKOHAMA
カナロコ(神奈川新聞) J:COM




タイトルへ

トップページへ