埋め立て地も、遊水地も好きなように使ってくれ。横浜FCには三ツ沢がある!!

丘の上写真日記

トップ 写真日記 ぎゃらりー サッカーもの 2002 とび丸 toto アーカイブ 掲示板
 
2018 06月03日 ニッパツ三ツ沢球技場  < ま〜たですかぁ そりゃ、帰りたくもなるよの2−2 >
'18 J2リーグ第17節 対東京V戦。前々節のアディショナルタイム同点弾を引きずることなく、 アウェイ京都ではきっちり勝利。それなら、今度こそホームゲームでも勝ちきって、 じりじりと順位を上げていきたいところ。この日もわれらが丘は快晴で、選手にも見てるほうにも 強い日差しとの戦いが強いられるコンディションとなっていた。

クラブの企画として「HAMABLUE PROJECT応援DAY」と名付けられていたこの日は、ゴール裏のシートの下に 一人2本ずつの青い小旗が。今シーズン新しく登場した「ビッグマフラーフラッグ」、バックスタンドの2枚の 「ビッグフラッグ」と合わせて、スタンド全体を青く染めよいという狙いは十分に伝わってきたが、 短いながらも固い旗竿が付いた小旗「HAMABLUEフラッグ」を子どもたちに振り回させるのはやや危険に思えた。 小旗は試合後に回収して再度使うつもりらしいが、本当にまたやるのだろうか。 ほかの人たちがどう感じていたのか聞いてみたいところだ。

試合は前半早々から動いた。前節から佐藤を中盤の底に戻し野村と渡辺一が逆三角形のように 両サイドを埋めていたが、その間をスルスルとドリブルで抜けられるとペナルティエリア内で 相手選手がフリーに。このシュートが辻の手をはじくようにしてゴール内に転がりこんだ。 このあとも、何度もゴール前でフリーのシュートチャンスをつくられる。 その修正がなかなかできなかった前半だったが、この時間帯に追加点を入れられなかったのが 後半の逆襲につながった。

ほとんどいいカタチをつくれなかった前半の残り5分のところで佐藤と渡邊一のポジションを 入れ替えていたが、それでも足りないと見たか後半からは4バックに。田所と渡邊一の2ボランチで、 その一列前に野村と佐藤を上げていた。すると、攻勢は一気に逆転。横浜FCが押し込めるようになり、 その流れから逆転まで持ち込んだ。

まず後半の00分にCKから、逆サイドでスンジンがヘディングで折り返すと、ニアのポスト際に 飛んできたボールを佐藤が高い打点でアタマで押し込んだ。ケンスケの2試合連続ゴールで1−1に。 続いて後半の30分、その佐藤に代わって起用された戸島が、野村のグラウンダーのクロスを押し込んで2−1に。 的確なポジション修正と、それを実行した選手たちの能力でしっかりと試合をひっくり返した。

このまま試合を締め括れれば、チームの地力が上がってきたと素直に喜べる展開だったのだが。 戸島以降の選手交代はなく、この日の暑さからもかなり選手に疲れが溜まっているように見えた中で 2枚の交代枠を残したまま迎えた6分のアディショナルタイムで、またもやそれは起こってしまった。 2週間前のホームゲームのデシャブかと思える終盤間際のタテへのロングボール対応。 ペナルティエリア前での競り合いに負けると、ゴールに向かって山なりに飛んだボールは 中途半端に前めのポジョンを取っていたGK辻のアタマをふわりと越えて、ゴールへと飛び込んだ。

直接のプレーを見れば、たしかに辻の凡ミス。ただ、その前になぜ、交代枠を使い切れないのか。 リードしてむかえたアディショナルタイムで痛い目にあっているのは、つい2週間前と同じなのに。 ベンチに入れている選手たちは、何のために選んでいるのか。チーム全体の成長の無さに、 ゴール裏スタンドのあちこちから怒りの声が飛んでいた。結局試合は2−2で終了。 あまりのイライラに、いつもの相方は今シーズン初めての反省会欠場を選択。 ロシア行き前最後のホームゲームとなるため、お仲間にすれば壮行会も兼ねていたはずの横浜西口行きを 拒否して、ひとり坂を下った行ってしまった。

たしかに、その気持ちも分からないではないほどのチームの学習能力の無さ。これをまだまだ伸びしろが 残っていると捉えればいいのか。とにかく、これを繰り返していたら勝ち点も積み上がらないし、 本当の上位に食い込めるはずがない。そのへんをいつものお仲間と確認をしながら、これまた恒例の ワールドカップtoto勧誘というノルマも果たして、負けてもいないのに熱くなったアタマを冷やしたのでした。 さて、次の日記はロシア帰国後だな。その間もこの順位はキープしといてね。頼むよ。

先発メンバー:GK辻、DFキャラ、スンジン、田所、MF北爪、渡邊一、野村、佐藤、武田、レアンドロドミンゲス、FWイバ

控え:南、渡邉将、石井、新井、松井、戸島、カズ

◆横浜FC 2−2 東京ヴェルディ   〔得点〕 57分 佐藤、 74分 戸島   〔入場者数〕8,038人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 05月20日 ニッパツ三ツ沢球技場  < あー、負けた気がしねえ あっ負けてないやの3−3 >
'18 J2リーグ第15節 対千葉戦。前節に続くホーム2連戦は、この日も 快晴のわれらが丘で。意外にも下位に沈んでいる千葉を目覚めさせないためだけでなく、 4点取った後にドタバタしてしまった熊本戦の反省を踏まえて締まった内容で 勝ちきるところを見せてもらいたい試合だった。

累積警告で出場停止となってしまったスンジンのポジションには川アが。 一時期続けざまに負傷していたCB要員が、どうにか復帰し始めていて間に合った。 いつまで緊急の3バックを続けるつもりかは分からないが、この試合は川崎の健闘を祈ろう。

試合は前半早々から動いた。古巣との初対戦となる北爪が相手DFライン裏に 浮き球のパスを入れると、ななめに走り込んでいた野村がGKの前で弾むボールに合わせて ループ気味にゴールへと流し込んだ。完売とまではいかなかったがそれなりにレモン色に 埋め尽くされた相手ゴール裏を、いきなり黙らせる先制ゴールで前半5分で1−0に。

その後もレアンドロドミンゲスがGKと1対1のチャンスを迎えるなど横浜FCペースが続く。 負傷からの復帰後、テンポの良いパスさばきで気持ちよさそうにプレーしている佐藤と このところキレキレの動きを続けているレドミを中心に、イバや北爪や野村が何度も ゴール前で際どいシーンをつくっていた。ただスコアはそのまま動かず、1−0でハーフタイムに。

野村のシュートミスで始まった後半は、その直後のレフリーのスローインの判定に一瞬足が止まったスキを 突かれて同点ゴールを許してしまう。このプレーだけでなくモヤモヤが残る判定が多い この日の審判団だったが、失点してから文句を言っても覆るはずがない。開始から5分で、 あまりにもあっけない同点シーンだった。

ただ、ここでもう一度突き放すことができるのがこのところの横浜FCの好調な攻撃陣。 佐藤が決定的なチャンスをシュートミスで逃した後に、好調の北爪が鋭い出足で こぼれ球を拾いクロスを入れると、今度こその佐藤が2試合連続となるゴールを蹴り込んだ。 これで後半16分で2−0に。続いて、佐藤が丁寧にレドミに渡したボールを、ほんの 一瞬マークがズレたスキを突いてレドミがゴラッソで突き刺した。これで後半18分で3−0に。

昨シーズンの4−0ホーム完勝の再現なるかと思われた展開だったが、ここで試合を落ち着けられないのが 相変わらずの横浜FCの課題。レドミのゴールからわずか2分でまたもや失点して2−3に。 このあと、イバがPKを取ってもらえなかったプレーのドタバタで監督が退席になると、 試合の終盤でベンチも含めて対応が後手後手になる。それでも何とか逃げ切れたかと思った アディショナルタイムのラスト1分で、とうとう同点ゴールを決められてしまった。またですか〜。

2アシストの北爪も、フル出場のGK辻も、それなりに恩返しは果たしたと思えるプレーだったけど。 試合のほうは、終わってみれば3−3の引き分け。もちろん負けたわけではないが、気分的には喪失感のほうが大きな試合の終わり方。 なんでまたこうなるのかねという顔をしたお仲間がメインスタンドからも集まってくる。 祝勝会のつもりが寸前で反省会になってしまった横浜西口の会をいつものように粛々と済ませて、 無理やりアタマを冷やしながら改札前で解散したのでした。

先発メンバー:GK辻、DFキャラ、川ア、田所、MF北爪、渡邊一、野村、佐藤、武田、レアンドロドミンゲス、FWイバ

控え:南、渡邉将、石井、チュングン、松井、戸島、カズ

◆横浜FC 3−3 ジェフユナイテッド千葉   〔得点〕7分 野村、 61分 佐藤、 63分 レアンドロドミンゲス  〔入場者数〕6,772人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 05月12日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 後半だけで4得点も完勝はならず イバは野村に1点貸しだな >
'18 J2リーグ第14節 対熊本戦。ゴールデンウィーク連戦の最終戦で 町田に敗戦。開始早々の失点もそうだが、さすがにキャラも佐藤もイバもいない というメンバーは苦しかった。その3人がそろって先発に戻って来たこの試合。 現状ではベストメンバーともいえる顔ぶれが並んで、連敗回避だけでなく 勝ちきっておきたいホームゲームだった。

三ツ沢は、まさに五月晴れといえる快晴。そのわりには、メインもバックも ゴール裏も隙間が多すぎる気はするが、2人組とすればゆったりと試合を 楽しめるコンディション。試合前にはくまモンも見せてもらって、 気分よく生ビールをいただきながらキックオフを待った。

3バックの中央と右にキャラとスンジンが並ぶ。2か月近いキャラの不在中に しっかりと存在感を見せてくれたスンジンだが、欲を言えばこの2人が万全の 状態でコンビを組むのが最強ラインのはず。ただ、そうなるとチュングンが ベンチからも外れてしまうのだけど、まあそこは長いシーズンの中で調整していくしかない。 その3バックの安心感もあって、前半から横浜FCペースで試合は進んだ。

このところ好調のレアンドロドミンゲスと故障から復調した佐藤が起点になって、 左右からチャンスをつくる。ゴール前まで運ぶ形はできていたが、イバのシュートが決まらず。 田所も含めた3バックも安定していて、危なげないながらも先制点が決められず、 結局0−0のままハーフタイムを迎えた。

後半に入っても横浜FCペースが続く中、均衡を破ったのは何本か続いていたレドミからの CKだった。インスイングでゴール枠に向かったボールは、風にも押されたか 鋭く曲がってニアサイドへ。慌てて飛びついたGKは、そのままキャッチしては身体ごと ラインを割ってしまうと判断したのか、ゴール前にボールを落とした。そのバウンドを 素早くアタマで押し込んだのが佐藤。後半10分、キャプテンの今シーズン初ゴールで横浜FCが先制した。

いい流れの時間帯にゴールを奪えてパス回しのリズムもよくなる。ただ、イバのシュートだけが ブロックされたり枠からズレたりで決まらない。そんなモヤモヤをようやく晴らせたのが後半20分。 レドミのパスからフリーで左足を振り切ったイバのシュートは、GKの手をはじいてゴールへ。 ころころと転がるボールはそのままラインを割るところだったが、なんとそれを野村が ギリギリのところで押し込んだ。戸惑うイバと、俺のゴールと手をあげる野村。 場内ではいったんイバのゴールとアナウンスされたが、結局試合後の公式記録は野村のゴールに。 いやあ、どちらかといえばこのところゴールがなかったイバのガス抜きをしておきたかったな。 さらにその10分後、FKからスンジンがヘッドで押し込んで3−0に。ここで終われば、まさに完勝だった。

ところがそうはいかないのが、われらが横浜FC。北爪と佐藤に代えて新井、戸島を起用しながら 試合を落ち着かせたいところが、同じ選手にヘディングを2発叩き込まれて残り5分の時点で1点差に。 いったいさっきまでの緊張感はどこへいったのという緩さで、ヒヤヒヤの終盤に。ここでかろうじて レドミのラストパスを戸島がループで押し込んで、なんとか勝負を決めた。結局は後半だけで4得点。 なのに、完勝という充実感はほとんど感じられない締めくくり。それはメインのお仲間にも共通で、 スコアのわりには万々歳とはいかない祝勝会となった。まあそれでも勝ちは勝ちだから。 きっと次節は、今日の1点分を野村がイバに返してくれるから。そのときこそ、ケチッャプドバドバで 千葉に勝ってもらいましょう。あと、スンジンの代わりに出で来るはずのチュングンも、 昨シーズンみたいに頼むよ。

先発メンバー:GK辻、DFキャラ、スンジン、田所、MF北爪、渡邊一、野村、佐藤、武田、レアンドロドミンゲス、FWイバ

控え:南、川ア、新井、石井、野村、松井、立花、戸島

◆横浜FC 4−2 ロアッソ熊本   〔得点〕55分 佐藤、 64分 野村、 78分 スンジン、 90+1分 戸島   〔入場者数〕3,157人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 04月28日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 6試合ぶりの勝利で ゴールデンな連休の始まりはじまりのはず >
'18 J2リーグ第11節 対徳島戦。今年もあっという間のゴールデンウィークで、 ここからは大型連休中に強行3連戦となる。ここ3試合負けてはいないが、 ここ5試合勝利なし。昨シーズンのような打ち上げ花火はいらないが、 今シーズンはここから上げていきたいところ。ケガ人のウワサもいろいろと 聞こえてくるが、なんとしても連休中唯一のホームゲームで上昇のきっかけを 掴んでおきたい試合だった。

ゴール裏スタンド下で先発メンバーを知らせるボードには、 前節に続く3バックを示唆するメンバーが。キャラの名前は今日もベンチにもなく、 チュングンも野村もベンチからのスタートとなっている。守備のほうは この緊急対応で前節も無失点に抑えたが、その一方でゴールも無し。 その修正ができているのか、それとも相変わらずのイバとレアンドロドミンゲス頼りなのか。 なにかしらの対策が見られればいいのだが。

ゴール裏のスタンドには、この4月からめでたく東京復帰がなった弟夫婦が参戦。 本当の狙いはこの日の夜の新横浜の試合なのだが、相変わらず隙間だらけの スタンドを賑やかしてくれるのはありがたいこと。いつもの相方も加えて、 5人体制での観戦となっていた。試合序盤は互いに交互に攻めあう展開ながら、 ここにきて右サイドで先発している北爪が何度がスピードを生かしてチャンスに絡む。 特に10分過ぎにイバからタテパスをもらって打ったシュートは、GKにはじかれたけど惜しかった。

しかしその後は、ジワジワと徳島がボールをキープする時間が長くなる。これは試合前から 予想できたことで、5バックと3ボランチが中央を厚く構えてなんとか凌いでいた。 すると、スンジンからのロングフィードをレドミが受けたチャンスに、佐藤がフォローして ダイレクトでクロスを入れると、北爪がニアサイドでヘディングで合わせた。 試合開始から積極的に前線に顔を出していた北爪。イバとレドミに少しでも多くの選手が 絡まないと攻めの厚みが出ないフォーメーションだけに、その運動量が生きた見事なゴールだった。 前半30分になろうかというところで奪った待望の先制点は、三ツ沢で見た久々の横浜のFCのゴール。 このあとに徳島側に2枚同時交代という動きもあったが、スコアはそのまま0−0で ハーフタイムを向かえた。

後半に入って5分、珍しくカントクが早めの決断をと思ったら、佐藤が左足を 引きずるようにしてチュングンと交代。症状が悪化する前の自己申告のようだったが、 次の試合以降の影響が心配だ。そのチュングンが何度かタテにいい突破を見せるが、 フィニッシュのところで消極的なパスを選択してしまう。今シーズンいまだ無得点の 不調が弱気にさせるのか、そういう判断がゴールを遠ざけているのか、この負の悪循環を 早く断ち切って欲しいものだ。

それでも、相手が高さを使ってきたことで前半ほどボールを回され続けることもなく、 ゴール前ではスンジンがまさに獅子奮迅で相手のクロスを跳ね返し続けていた。 そのスンジンが後半の20分過ぎに倒れたときにはヒヤッとしたがそれも長引くことはなく、 結局北爪の記念すべきJ初ゴールを守り切って1−0のままホイッスルを聞いた。

連戦に突入する最初のホームゲームで、6試合ぶりとなる勝利。その価値は非常に大きいが、 佐藤の左腿の具合と齋藤との交代時にカントクとの挨拶を拒んだレドミのご機嫌という 懸念材料も残った。このあとの試合間隔が短いだけに、大量離脱中のCB要員とともに 少しでも早く回復してくれればいいのだが。そうはいっても、久しぶりの勝ち点3と ホームでのビクトリーステージはうれしい。となれば、いつものお仲間との祝勝会はかかせないところだが、 なんといつもの「さがみ」は満員御礼。それならばとリニューアルなった「とん太」の 開店祝いも含めて、旨い酒をたっぷりいただいたのでした。さあ、お楽しみはこれからだ。

先発メンバー:GK辻、DF北爪、スンジン、田所、MF石井、渡邊一、中里、佐藤、武田、FWレアンドロドミンゲス、イバ

控え:南、新井、チュングン、野村、齋藤、立花、カズ

◆横浜FC 1−0 徳島ヴォルティス      〔得点〕 29分 北爪    〔入場者数〕 3,993人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 04月22日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 絶好の生ビール日和ながら スカッといかない3戦連続引き分け >
'18 J2リーグ第10節 対栃木戦。ホームとアウェイの連続引き分けのあとをうけての、 J3からの昇格組栃木との3年ぶりの対戦。とはいえ、どこと対戦してもまったく勝敗の 予想がつかないのがJ2リーグのおそろしいところ。けっして上から目線ではなく、 ひたすら勝ち点3を目指してほしい試合だった。

天気予報でも夏日という言葉が聞こえてきた絶好のサッカー観戦日和。 午前中は野毛の大道芸に出かけて、そのまま反対側の三ツ沢の丘へと移動。 照り付ける日差しの下で、選手たちもこちらも水分補給は必須のコンディションだった。

試合前の情報によると、またもや故障離脱者が増えたとのこと。前節までCBを 無難につとめていた川アもベンチ入りメンバーから名前が消えている。これで、 キャラ、渡邉将、藤井、川アとCB要員が欠けて、とうとう3バックでの対応 となり右から渡邊一、スンジン、田所が並ぶことに。スンジン復帰の価値が 早くも証明された感もあるが、それにしても非常事態と言える。負傷で出遅れていた 今シーズン初出場の田所には、昨年までの経験を活かしてもらいたいところだ。

2トップにはイバと戸島のツインタワーが並ぶ。3バックと合わせて 今シーズン初めてのフォーメンションだが、おそらく栃木を研究してのものというより、 チーム事情による選択なのだろう。試合開始からゴール前で仕掛け続ける大黒にヒヤヒヤしながらも、 とりあえずゴールは許さずヨコハマFCが徐々にチャンスを作りだず。 イバのヘディングシュートがこぼれたところをボレーで狙った佐藤のシュートは、 きっちりと枠を捉えていたが相手DFがアタマではじき出した。 そのまま0−0でハーフタイムに。

後半に入っても主導権は横浜FCに。ここで戸島に代えてチュングンを起用すると、 さらに推進力が増してはっきりと押し込む展開となった。ただ、何度か裏に抜け出した チャンスもシュートが決まらない。チームとしても、早くチュングンに初ゴールを 決めてもらいたいところだろうが、この日も相手GKにぶつけては天を仰ぐシーンが続いた。 膠着状態にスタンドがイラつき始めていた中、監督が次のカードを切ったのは 残り時間が10分になってから。野村の動きが悪くなかっただけに、もう少し早い仕掛けが できなかったものか。

結局その後もベンチは動かず、交代枠をひとつ残したままなんとしても勝ち点3を 積み上げたかったホームゲームをスコアレスドローで終えた。応急処置の3バックが 無失点に抑えたことは喜ぶべきことなのかもしれないが、それだけにその踏ん張りに応える攻撃陣の 工夫が欲しかったところ。そもそもDFメンバーが一人も入っていないベンチなのに、 この展開でもう一手を出せない人選は何のためなのか。非常に歯がゆさが残る試合結果だった。

これで3試合連続の引き分けで、ここ5試合勝利なし。たしかに、連敗をしているわけでもなく、 苦しい選手事情を何とかやり繰りして耐えている点は評価できるが。そう割り切って、 この順位をキープしている時期だと思うしかないのか。そんなモヤモヤを引きずりながら、 いつもの横浜西口で反省会を。次節のホーム徳島戦こそは、しっかりと勝ちきって ゴールデンウィークの連戦に向けてチームの勢いを上げていって欲しいところ。 昨シーズンは、この時期にピークに達してそのあと尻すぼみになっただけに、 今からフルスロットルで行けとは言わないが、もう少し使えるベンチメンバーの 再考を願いたいところだ。ね、カントク。

先発メンバー:GK辻、DF北爪、スンジン、田所、MF渡邊一、中里、佐藤、武田、レアンドロドミンゲス、FW戸島、イバ

控え:南、石井、チュングン、野村、松井、齋藤、カズ

◆横浜FC 0−0 栃木SC      〔得点〕    〔入場者数〕 3,989人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 04月08日 ニッパツ三ツ沢球技場  < ケンスケ復帰 スンジン帰還 立花参上で 2−2引き分け >
'18 J2リーグ第8節 対福岡戦。前節の4失点惨敗から一週間。 ホームでの連敗はゼッタイ避けたいだけでなく、試合終了が近づくにつれて バラバラになっていったように見えた選手間の意思疎通が改善できているのか。 ベンチで頭を抱えていたカントクが選ぶ先発メンバーとフォーメーションが、 いつにも増して試合気になるだった。

まずGKは、この試合がJリーグデビューとなる辻。つい先週期限付き移籍 してきたばかりの若手GKが驚きの先発。しかも、ベンチにはこれまた ユースから登録したばかりの大内。シーズン前発売のガイドブックには 写真も名前も載っていない2人が並ぶという異例の事態に。さらに、 DFラインにはキャラとスンジンが初めてCBコンビとして登場。 こちらは期待も大きいが、そのぶん外国人枠の関係でチュングンがベンチ外に。 これはまあ、開幕前から分かっていた縛りなので、まずは守備の再構築優先の起用と 理解しておこう。そして、もうひとつのポイントが佐藤の先発復帰。 中盤の3人を開幕戦の組み合わせに戻して、これもまたこのチームの土台の 再構築ということなのだろう。それでいいと思うけどね。

試合は、イバのボレーシュートから始まり、横浜FCが高い位置でボールを 支配する展開に。そのまま押し込んだ流れの中で、あっさりと先制点を奪った。 ゴール前中央にこぼれてきたボールをレアンドロドミンゲスがアタマでトラップすると、 その落ち際をハーフボレーでミドルシュート。ペナルティエリアの外から 浮き上がるようにゴール右上隅に延びていったボールは、GKの届きようのない コースを飛んでゴールネットに突き刺さった。クラブ通算800ゴールという 記念すべきゴールにふさわしいゴラッソ。ここ2試合得点シーンが見られなかった三ツ沢で、 わずか11分でリードを奪うことになった。

その後も、FKをゴールポストに直撃させるなど、キックの精度がキレキレの レドミを中心に何度もチャンスを作り出す。このところ出場機会が少なかった 佐藤がテンポよくボールを散らすことで、攻撃全体にリズムが生まれていた。 この時間帯で追加点を奪えていれば理想だったが、さすがにそうは進まない。 中盤で奪われたボールを一気にペナルティエリアに持ち込まれて、一瞬のすきに 同点弾を打ち込まれた。そのまま1−1でハーフタイムに。 福岡相手に先制点の後に追い付かれる流れは、昨シーズン終盤のホームゲームと同じもの。 さらに終わり間際のCKでキャラが痛んでいたのが、後半に向けての不安点として残った。

その懸念が的中してしまったか、後半の開始早々にキャラが肩をおさえて川アと交代。 そのせいだけではないだろうが、後半完全に福岡ペースに。その流れを断ち切れないまま 59分に逆転を許すことに。ますます昨シーズンの敗戦パターンにはまってきたが、 ここで去年と違うスンジンの存在が効いてくる。急遽出場の川アを従えながら、 なんとか追加点を防ぎきる。すると、ベンチは野村に代えて赤毛の立花を起用。 ドリブルに自信を持つ立花が果敢に仕掛けることで、再び横浜FC攻勢の時間帯を作り出した。

それでも、押し込みながらもなかなかゴールは奪えず、試合はあとわずかでアディショナルタイムに。 ここで、レドミが蹴ったボールに何人かの選手がなだれ込むと、最後は相手チームの 選手に当たったかもしれないが、とにかくゴールへと飛び込んだ。これで2−2。 その後も、ホイッスルまでの短い時間に攻め立てたが、立花のシュートは枠を外れ そのまま試合終了。悔しさも残ったが、なんとしても避けたかったホーム連敗は免れることができた。

ホームでのドローをそんなに喜んでいる場合ではないが、前節の崩壊状態に比べれば 内容もカントクの采配もそれなりに改善が見られた試合。特にスンジンのコンディションと 立花のポテンシャルが確認できたことは、今後への期待を膨らませてくれるものだった。 そのかわりにキャラの負傷退場という不安点も残ったが、それは長いシーズンではあり得ること。 そのためのスンジン獲得でもあったはずなので、しばらくはスンジンのチュングンの併用効果に 期待することにしよう。

この日は、久々の2人組そろい踏みに加えて、ゴール裏にはT氏が特別参加。 ゲーム前には、ゴール裏コアサポたちがつくったオリジナルビッグマフラーも 初お目見えしてスタンドの雰囲気も元気回復といったところだった。その勢いを そのまま持ち込んだ横浜西口での反省会も盛況に。あとは、この日の布陣と 交代起用の人選を、カントクが忘れてしまわないことを信じて、次節からの 連勝スタートに期待しよう。

先発メンバー:GK辻、DF北爪、スンジン、キャラ、武田、MF渡邊一、中里、佐藤、野村、レアンドロドミンゲス、FWイバ

控え:大内、川ア、石井、松井、立花、戸島、カズ

◆横浜FC 2−2 アビスパ福岡   〔得点〕12分 レアンドロドミンゲス、 89分 川ア   〔入場者数〕 4,088人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 04月01日 ニッパツ三ツ沢球技場  < ホームで0−4 ベンチでアタマ抱えてる場合じゃないだろ >
'18 J2リーグ第7節 対金沢戦。ホームで新潟に敗れた後の中3日アウェイ連戦を 1勝1分け。とりあえず、連敗の泥沼にはまることもなく踏み止まって帰ってきた ホームゲーム。ここでしっかりと建て直せば、開幕からの好位置もキープできる。 三ツ沢の桜はすでに葉桜状態になっていたが、チームのピークはまだまだこれからのはず。 その成長の兆しを見せてくれることを期待する一戦だった。

いつもの相方はこの日も欠場。そのせいだけではないと思うが、スタンドは 思っていたよりまばら。開幕からの成績を考えるともう少し入っても いいとも思うが、この前のホームゲームの負け方がひびいているのか、 それともこの数日前に発表された前社長北川氏のせっかくの施策「HAMABLUE」の 一次的効果が薄れてきてしまったのか。いずれにしても、ここからの戦いぶりで 再びチームへの注目度を高めて欲しいところだ。

先発メンバーを見ると、この前の連戦のターンオーバーから開幕以来固定していた フォーメーションに戻った印象。ただし、佐藤はこの日も先発からはずれベンチに。 好調だった藤井の姿が前節から見えないのは、もしかしたら故障か。そのかわりの 右SBには初先発の北爪が入っていた。GKの控えには、今週途中に鳥栖から 期限付き移籍してきた辻が。この件については、生え抜き高丘の放出に関していろいろ疑問も あるが、目の前の試合には関係ないこと。ノーゴールだった水戸戦から野村、チュングンが 戻ったベストの攻撃陣の爆発を期待してのキックオフだった。

前半は、ゲームキャプテンのイバが選んだ風上サイドから攻める横浜FC。 15分くらいまでの主導権争いから、徐々にチャンスを作り出す。イバを起点に スローインやセットプレーから何度もゴール前に迫ったが、最後のシュートを 打たせてもらえない。キャラの2本のシュートも身体を張って跳ね返され、 そのまま0−0でハーフタイムを向かえるかと思われたラストプレーの相手CKで、 一瞬マークを見失ったスキを突かれて先制点を奪われた。互角もしくはチャンスの 数では押し気味で進めていた前半を、リードされて終わることになったショックを 切り替えられるのか。ベンチの修正能力を期待たいところだ。

ところが、後半開始から5分と経たないうちに再びCKから失点。タイミングといい、 同じCKからあっさり決められたカタチといい、ゴール裏で思わず「何やってんの」と 声が出てしまう追加点だった。この2点目で相手が自信を持ったのか、こちらが勝手に焦り出したのか。 しっかりとポジションをとって連動する相手の守備の前にチャンスも作れなくなる。 するとベンチは、中里に代えて松井を起用して、そのままボランチの位置へ。 さらに、チュングンを佐藤に、野村をカズに代えて総攻撃体制を整えた。

総攻撃体制ということは、つまり守りは後ろにまかせたよ状態。中盤でボールを 奪われたらあとはキャラがすべてのスペースをカバーするというパターンが何度も。 そのうえ、もともと守備の意識が低いか、戻るスピードも足りないといった メンバーが並ぶメンバーばかりがピッチに残っている状況では、よく4失点で 済んだものだという印象の残り15分だった。ということで、意地で1点を取り返せる でもなく、ホーム三ツ沢で見事なまでの惨敗。たださすがに、新潟線のときとは違って あいさつにきた選手たちを励ますという大きな心はキープできなかった。

そのうえで気がかりだったのは、そのブーイングにくってかかる気力も感じられない 選手たちの淡泊な雰囲気。佐藤が松井と、最後尾でキャラがこの日唯一の収穫だったと 思える北爪と、かなり長めに話し込んでいたが。それ以外は、自分の世界の中で 落ち込んでいるという感じ。その間にベンチを見れば、敗戦ながらもスタッフたちと 試合後の挨拶を交わすスタッフたちの横で、ベンチの端っこの席に座ったまま頭を抱えていてる カントクの姿が。いやいや、その場所でそんな姿を見せちゃダメだろ。 まだまだ始序盤のリーグ戦の中で、たまたま集中が切れてしまった一試合となるのか。 選手たちが自信を失くし、一体感にも不安を感じるきっかけになってしまうのか。 一週間後に再びやって来るホームゲームまでの、チーム全体の立ち直りを祈るしかない。

こんな力が抜ける負けざまを見せられても、反省会を欠かさないのがいつものお仲間。 多少メンバーが欠けてはいても、いつもの横浜西口でその日のウサはその日のうちに 吐き出しておこうと1時間ほど議論を交わして解散したのでした。それにしても、 いくら後半開始早々の失点が大きかったとはいえ、あれほどバラバラになるのは ベンチの対応能力に問題ありと思わざるを得ないところ。特に、その人選とポジションの 配置は今後もそのままなのだろうか。ケンスケの今後が気がかりでならない。

先発メンバー:GK山本、DF北爪、渡邊将、キャラ、武田、MF渡邊一、中里、野村、チュングン、FWレアンドロドミンゲス、イバ

控え:辻、川ア、石井、松井、佐藤、戸島、カズ

◆横浜FC 0−4 ツエーゲン金沢   〔得点〕       〔入場者数〕 3,571人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 03月17日 ニッパツ三ツ沢球技場  < ミス3連発で0−3 現実を直視させてくれたことには感謝 >
'18 J2リーグ第4節 対新潟戦。前節に続く我らが丘での連戦。ここまで 負けなし、失点無しで来たチームが、本当のスタートダッシュを決められるのか。 昨年のJ1組と今シーズン初めて対戦するこの試合は、現在の自分たちの立ち位置を 確かめるという意味でリーグ序盤の注目のカードだった。

好天に恵まれた三ツ沢のゴール裏には、前節欠場していたいつもの相方がやや遅刻気味で復帰。 一方で、ピッチに並ぶ我らが先発メンバーは、開幕戦からずっと変わらぬ11人。 前節3点を奪った攻撃陣も、無失点の守備陣も、そして今シーズンの一番の変更点である 中盤のボール奪取力も、ここまでの戦いぶりがそちらも3戦無敗の今日の相手に通じるのかが試されていた。

試合開始から15分は、ほぼ互角だった。両チームが球際を厳しく寄せ合う中、 スキを見ては相手ゴール前までボールを運んでシュートを狙う。昨シーズンまでに 比べれば中盤でボールを奪取する機会も多く、今年やろうとしているサッカーを 見せながらJ1レベルの相手にも対等にやりあえているように見えた。が、それも 続けていられたのはそこまで。徐々にボールを回しているDFラインの位置が低くなり、 プレッシャーを受けてコントロールミスをするシーンが多くなる。ここで、タテに大きく蹴るなり、 状況に応じたプレー選択ができればよかったのかもしれないが。まだ、そこまでの柔軟性は 身に付けられていない。というか、ひとつのやり方をやりきるだけでいっぱいいっぱいというのが 現在の実力なのだろう。

最初の失点は、前半34分。左サイドからのクロスを逆サイドでヘディングで落とされると、 ゴール前に走り込んできた相手FWがキャラの一歩先で押し込んだ。キャラ自身がその直後に 頭をかかえていたように、動き出しへの対応が一瞬遅れた油断もしくはマークミス。 そのわずかなスキをゴールに直結させられるのが今日の相手のクォリティということだった。 しかも、このあと前半終了前に致命的な追加点を奪われる。それまでさんざんチェイシング されていたDFとGKによるボール回しにミスが出て、GKが奪われたボールを無人のゴールに 蹴り込まれた。

自滅といえば自滅ともいえるが、45分の間にきっちり2点差をつけられたことが現実であり 実力の差。それを受け入れたうえでどう後半に盛り返せるのか、今シーズン初めてリード された状況にどう監督が動くのか。ゴール裏の2人組も、アタマを冷やしながら、 ある意味興味深くハーフタイムを過ごしていた。

後半開始からピッチに立ったのはレアンドロドミンゲス。交代の相手は佐藤だった。 今シーズンの佐藤には、まだポジションの変化に伴う迷いが見られるように思う。 パスの配給は今まで通りでいいのかもしれないが、自ら突破する前への意欲と怖さを もう少し見せてもらいたいし、単純なパスでのミスも多すぎるように見える。 レドミのコンディションにもよるが、中里と佐藤の組み合わせはこれからも いろいろ試行錯誤が続くのではないだろうか。

その後は、相手FWとのマッチアップに苦戦してはイラつきが目立っていた渡辺将を 北爪に、野村を戸島にとカードを切ったが大勢は変わらず。藤井のCBと北爪のSB という今後もあり得る並びになった直後に追加点を奪われるという皮肉な展開で、 終わってみれば0−3の完敗だった。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間も、 スタンドからため息が出るでもなくブーイングが浴びせられるでもなく。 要するに、横浜FCを応援していた人たちでさえが認めざるを得ない現状での優劣。 ただし、今シーズンの終盤までにはその差を埋めて、こうした相手にも勝てるようになっていなければ クラブ創設20周年の目標に掲げているJ1昇格は望めないわけだから。 その現実を、この早い時期に直視出来たことをよしとするしかない。

試合後に合流したいつものお仲間も、敗戦に対する不機嫌さはなくさばさばしたもの。 いや、本当はそれではいけないのだろうが、そのくらいのこの日の負けっぷりだった。 ただ、だからといってリーグ序盤での連敗は厳禁。それでなくても今週は水曜日の 祝日に次節の試合が中3日でやってくる。この負けを引きずることなく、あらためて 今シーズンの自分たちのサッカーを積み上げていくしかない。いつもの横浜西口での 反省会で早くも切り替えを済ませたお仲間は、それぞれ次の予定地へと散っていったのでした。 追加しておくと、私自身は、そのあと日吉の会社同僚宅での家飲み会へ。 翌日の日曜日がまるまる休養日になるのは覚悟の上の、三次会参加でした。

先発メンバー:GK山本、DF藤井、渡邊将、キャラ、武田、MF渡邊一、中里、佐藤、野村、チュングン、FWイバ

控え:南、川ア、北爪、石井、レアンドロドミンゲス、戸島、カズ

◆横浜FC 0−3 アルビレックス新潟   〔得点〕       〔入場者数〕 7,700人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 03月11日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 開幕から変わらぬ先発メンバーで 無失点継続とホーム初勝利 >
'18 J2リーグ第3節 対愛媛戦。アウェイの岐阜戦で今季初勝利を飾り、 勝ち点3を持ち帰って来た横浜FC。となれば、その流れをホーム初勝利へと 続けて欲しいもの。3月11日という忘れてはならない(忘れられない)日に、 我らが丘に集う皆で黙祷をささげたあと、一気に春らしさが増した陽気のもと、 高まる期待を胸にキックオフを待っていた。

先週の横浜西口ホームに続いて、今節もいつもの相方は欠席。人生の大きな節目と なった今シーズンは、これからもこうした単独参戦が多くなるのだろう。と一人で 思いを巡らせながら(自分の境遇の激変も含め)先発メンバーを確かめると、 ピッチに並ぶ11人は開幕戦から全く変わらず。中盤に佐藤、中里、渡邉一を配置して、 チェックの強度を高める今シーズンのスタイルで、前線のイバ、チュングン、野村の 好調3人の攻撃力に期待しようというところか。その背後でいまだ無失点の守備陣も いまのところは今日の顔ぶれがベストメンバーと言えるだろう。

試合は、前線からしっかりとプレスをかけてくる愛媛に対して、焦ることなくつなぎながら タテへのパスチャンスをさぐる横浜FCという構図。そのまま15分くらいは膠着状態が 続いたが、プレッシャーに慣れてきた横浜FCが徐々にプレーゾーンを前方へと押し込む。 野村やイバが積極的にシュートを狙っていると、前半も残り5分という時間帯に その攻勢のままに先制点を奪うことに成功した。ペナルティエリアのすぐ外のFKを野村が 直接狙うと、ボールはバーを直撃。その跳ね返りを藤井が浮かすことなくシュートすると、 ゴール前でキャラがそのコースを微妙に変えてポストギリギリに流し込んだ。これで1−0。

これでさらに中盤での圧力を増した横浜FCは、前半のうちに追加点まで奪い取る。 相手のパス回しのもたつきを逃がさなかった中里が、ボールを奪取して前方のイバへ。 イバが時間を作りながらチュングンに渡すと、その勢いのままに逆サイドにクロスが。 ファーサイドの野村がヘディングで返すと、ゴール前にフリーで入り込んでいたイバが 左足で力まずに叩き込んだ。このボレーは、けっして蹴り込みやすいバウンドではなかったが、 イバの決定力と技術の高さはさすがだった。

前半の半ば過ぎからは圧倒的に押し込んだ横浜FCだったが、後半の立ち上がりは中だるみのような内容に。 これを嫌ったのか、タヴァレス監督は渡辺一に代えてレアンドロドミンゲスを起用。 攻め続ける意図を示したのかもしれないが、中盤の守備に甘さが出てやや押し込まれる展開に。 すると今度はチュングンに代えて石井を入れて、再び中盤をスペースを締め直した。 この修正が結果に結びついて、レドミのラストパスによるダメ押し点が入ったのが80分。 前半の2得点にアシストで絡んでいた野村が、待望の今季初ゴールを入れて3−0で試合を決めた。

三ツ沢での初ゴール。開幕戦からの無失点継続。石井の守備力の確認もできて、 ほぼ文句のつけようがないホーム初勝利。一つだけ気がかかりなのは、この日も含めて 3試合連続で早くも3枚のカードを貰ってしまったイバの警告の多さ。このポジョンだけは、 監督も代替策がないだろうし。次節、リーグ序盤の試金石ともいえる新潟戦には出場できる けど、もう少しそのペースを抑えてもらいたいものだ。それでももちろん、横浜西口では ホーム初勝利の祝勝会が。さすがに、南の島からの遅れて合流はなかったが。そのぶんは、 来週の試合後に相方のおめでたい話のぶんまで、盛大に祝杯をあげさせてもらおう。

先発メンバー:GK山本、DF藤井、渡邊将、キャラ、武田、MF渡邊一、中里、佐藤、野村、チュングン、FWイバ

控え:南、川ア、石井、齋藤、レアンドロドミンゲス、戸島、カズ

◆横浜FC 3−0 愛媛FC   〔得点〕 39分 キャラ、 45分 イバ、 80分 野村      〔入場者数〕 4,464人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 02月25日 ニッパツ三ツ沢球技場  < 最後はポストさまさまで開幕スコアレスドロー よしとしましょう >
Jリーグ26年目、J2リーグにとっては20年目という節目のシーズンが始まる。 まだまだ空気は冷たいが、とりあえず雨や雪の心配はなさそうなねずみ色の下で われらが横浜FCのホームでの開幕戦を迎えた。相手は、昨年と同じあの深緑。 反対側のゴール裏には、これまた昨年と同じように、鬱陶しい大人数で埋まっていた。 対するこちらのスタンドには、いつもの2人組の相方の人生の相方となる彼女が 初めてのスタンドナマ観戦。ぜひ、ゴールの熱狂と専用スタジアムならではの 臨場感をたっぷりと体感していって欲しいものだ。

昨年の開幕戦は野村の決勝ゴールで勝利をつかみ、そのままゴールデンウィーク までのスタートダッシュを成功させたが。はたして今シーズンのタヴァレス横浜は どのような出足を見せてくれるのか。注目の先発メンバーを確認するとGKに山本、 左SBに武田、ボランチに渡邊一の新加入選手が。それぞれ、昨シーズンの試合内容 をふまえた補強ポイントを埋めるために呼んできた選手。この3人が機能するなら、 確実にチーム力はアップしているはず。期待して、キックオフを待った。

開始から10分ほどは、例年より厳しくチェイシングに行った横浜FCのファウルから 何度かFKが続き、松本が得意のセットプレーを繰り出して押し込んできた。ただ、 そこを乗り越えたあとは、中盤のルーズボールの奪い合いにも負けずに徐々に 横浜FCがチャンスを増やしていった。その中で、イバの倒れながらのシュートチャンス もあったが、これは相手GKが落ち着いてセーブ。両チームとも集中力が高く、 厳しい寄せ合いが続く緊張感のある展開が続いた。その後には、左サイドの武田が 攻め上がってのシュートもあったが、これまたGKがこう好セーブ。結局0−0のまま、 本日の相方の持ち時間である前半が終わり、2人は席を立って羽田へと向かった。

後半に入ってもテンションの高い戦いは続いたが、決定的なチャンスの数では横浜FCが 上回る。ここでこの日の主審が、今シーズンからはペナルティいエリア内で2回までは 手を使ってもハンドにならないという新ルール?を主張して、PKのチャンスをことごとく無視。 それでも押し込む横浜FCは、野村のポスト直撃のシュート、チュングンのGKの至近距離からの シュートなどを放ったがゴールには至らず。優勢な流れの末のスコアレスドローも開幕戦としては 上々かと思っていたら、最後の最後にドッキリが待っていた。

4分と表示されたアディショナルタイムのラストワンプレー。右サイドから相手CKのボールは、 ゴール前の相手選手が逆サイドへ流し気味にヘディングシュート。GKもDFも届かない コースを飛んだボールに目をつぶったが、幸いにもポストに当たって手前へと跳ね返った。 これをクリアした瞬間にタイムアップ。それまでの展開や、主審への不満などがすべて 吹っ飛ぶラッキーな結末に、胸をなでおろして開幕戦の勝ち点1を受け入れることにした。

いつものバス停で再会した、メインのお仲間とは横浜西口で祝勝会ではなく、 新シーズンの開幕を祝う会を。そこへ、羽田で彼女を見送ったいつもの相方も 加わって長いシーズンの始まりに乾杯した。私を含め、この日の試合へのみんなの 感想はおおむね良好。特に、中盤で相手ボールを奪い続けた渡辺一の守備力と、 その他の選手も含めて最後まで動きが落ちなかったフィジカルコンディションの高さに 今後の期待が高まったようだった。今年こそ、夏場で落ちることのないダッシュを、頼むよ。 そのためには、次節のアウェイ岐阜戦で初勝利を。

先発メンバー:GK山本、DF藤井、渡邊将、キャラ、武田、MF渡邊一、中里、佐藤、野村、チュングン、FWイバ

控え:南、川ア、新井、石井、戸島、松井、カズ

◆横浜FC 0−0 松本山雅FC   〔得点〕      〔入場者数〕 10,779人


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。
 
2018 02月11日 パシフィコ横浜・アネックスホール  < 映画祭、ウェルカムパーティー、映画祭を、無事完走 >
1月に西谷はじめは済ませていたけど、クラブとしての公式イベントは2月の この日が2018年の初日。結局、去年からのなし崩しで無いことにされた「餅つき大会」 や「新体制発表会」をギュギュっとまとめた「2018横浜FCシーズンウェルカムパーティー」 に行ってきた。会場は、これも昨年と同じ「パシフィコ横浜 アネックスホール」。 ただし今年は、これまたシーズンオフの恒例行事の「ヨコハマ・フットボール映画祭2018」と 日程がバッティング。おかげで関内、みなとみらい、関内をとんぼ帰りしてのかなり 慌ただしい一日となった。

まず映画祭の初日の一本目を鑑賞した後に、タクシーで開港記念会館から パシフィコ横浜へ分刻みの移動。ここで、ベテラン運転手さんが気を効かせて 「アネックスホール」専用入口に着けてくれたおかげで、いきなりナマカズに遭遇。 こいつは春から縁起が良かったのかもしれないが、とにかくパーティーの 開演に間に合った2人組は、第1部の新体制発表と第2部の「ふれあいTime」に フル参戦して、約2時間後には再び映画祭の席に着いていたのでした。

ということで、ひさしぶりに見た選手たちの顔はどれもよく焼けていて、 ウワサ通りけっこう絞られてきた様子。それはそれで期待させていただくとして、 あえてこの日の収穫をあげればケンスケ(この日の時点ではまだキャプテン就任は 発表されず)のサインを昨年に続いて「吉田家年賀状」に入れてもらったことと、 おかえりなさいのスンジンにも直接挨拶できたこと。あとは、ウチにしては 気の利いた記念品の「昇格祈願熊手」をもらったことか。逆に気になったのは、 シーガルズとぶうちゃんの姿が見えなかったこと。まあ、それもこれもあと 1か月もすればその真相は分かるので、焦らず待ちながら今シーズンの新加入選手9名の プロフィールをここに記しておく。

戸島 章(としま あきら)
 ■生年月日:1991年10月04日(26歳)
 ■ポジション:FW
 ■身長/体重:191cm/78kg
 ■出身地 :宮城県
 ■チーム歴:東鷺宮スポーツクラブ-成立ゼブラFC−成立学園高-ジェフユナイテッド千葉-ジェフリザーブズ-ジェフユナイテッド千葉-藤枝MYFC-ジェフユナイテッド千葉-FC町田ゼルビア-ジェフユナイテッド千葉-FC町田ゼルビア


渡邊 一仁(わたなべ かずひと)
 ■生年月日:1986年09月01日(31歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:176cm/72kg
 ■出身地 :愛媛県
 ■チーム歴:愛媛FCJrユース-済美高-東京学芸大-愛媛FCしまなみ-愛媛FC-ファジアーノ岡山


川ア 裕大(かわさき やすまさ)
 ■生年月日:1992年08月20日(25歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:175cm/69kg
 ■出身地 :神奈川県
 ■チーム歴:PHOENIX FC-横浜FC泉ジュニアユース-成立学園高等学校-流通経済大学-サンフレッチェ広島-横浜FC-サンフレッチェ広島


立花 歩夢(たちばな あゆむ)
 ■生年月日:1995年11月04日(22歳)
 ■ポジション:FW
 ■身長/体重:178cm/73kg
 ■出身地 :神奈川県
 ■チーム歴:南百合ヶ丘SC(川ア市立真福寺小学校)-FC多摩(川ア市立柿生中学校)-流通経済大学付属柏高等学校-流通経済大学


北爪 健吾(きたづめ けんご)
 ■生年月日:1992年04月30日(25歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:177cm/73kg
 ■出身地 :群馬県
 ■チーム歴:粕川コリエンテジュニア−前橋エコーJrユース−前橋育英高−専修大-ジェフユナイテッド千葉


武田 英二郎(たけだ えいじろう)
 ■生年月日:1988年07月11日(29歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:173cm/71kg
 ■出身地 :神奈川県
 ■チーム歴:FC中原-横浜F・マリノスJrユース-横浜F・マリノスユース-青山学院大-横浜F・マリノス-ジェフユナイテッド千葉-横浜F・マリノス-ガイナーレ鳥取-横浜F・マリノス-アビスパ福岡-横浜F・マリノス-湘南ベルマーレ


ペ スンジン
 ■生年月日:1987年11月03日(30歳)
 ■ポジション:DF
 ■身長/体重:182cm/74kg
 ■国籍 :大韓民国
 ■チーム歴:蔚山大学-横浜FC-ザスパ草津※期限付き移籍-横浜FC-徳島ヴォルティス-横浜FC-仁川ユナイテッドFC-安山警察庁サッカー団-城南FC


山本 海人(やまもと かいと)
 ■生年月日:1985年07月10日(18歳)
 ■ポジション:GK
 ■身長/体重:188cm/81kg
 ■出身地 :静岡県
 ■チーム歴:清水FC-清水エスパルスJrユース-清水エスパルスユース-清水エスパルス-ヴィッセル神戸-ジェフユナイテッド千葉


松井 大輔(まつい だいすけ)
 ■生年月日:1981年05月11日(36歳)
 ■ポジション:MF
 ■身長/体重:175cm/67kg
 ■出身地 :京都府
 ■チーム歴:藤森中学校-鹿児島実業高校-京都パープルサンガ-ル・マン(FRA)-ASサンテティエンヌ(FRA)-グルノーブルフット38(FRA)-FCトム・トムスク(RUS)-グルノーブルフット38(FRA)-ディジョンFCO(FRA)-スラビア・ソフィア(BUL)-レヒア・グダニスク(POL)-ジュビロ磐田-オドラ オポーレ(POL)
       

印象としては、昨シーズン残り数分のところで何度も痛い目にあった反省から、 守備の職人と走り切れる選手を補強のポイントとしたといえる。それは間違いない 選択だと思うが、それにしては西河が抜けた分だけ中央の守りの層がやや薄く感じた。 もちろん、キャラとスンジンがフルに参戦できれば、能力的には問題ないが 外国人枠をどうやり繰りしていく気なのか。あと欲を言えば、監督が口にしている 若返りを実現するための選手をもう少し増やしたかった。前嶋を呼び戻すか。

いずれにしても、この日壇上に並んだ29名の選手全員が元気にシーズンを乗り切って くれれば、それぞれのポジションに十分に厚みがあることになるが。そうはいかないのが、 長ーいJ2のリーグ戦。そういった意味では、この日初めて間近に見た新しい フィジカルコーチが、いちばんのカギを握る新戦力なのかもしれない。しかも、 そのワグネルコーチがえらくカッコよくて。これがこの日のNo.1サプライズでした。 さあ、冬眠からもそろそろ目を覚まして、開幕まで残りは2週間。


横浜FCの試合日程は2018 試合日程で、 メンバー表は 2018選手一覧で、これまでの日記は 日記帳 99〜でどうぞ。



<データはこちら>
2018 試合日程 2018 選手一覧 '17 結果&選手
'16 結果&選手 '15 結果&選手 '14 結果&選手
'13 結果&選手 '12 結果&選手 '11 結果&選手
'10 結果&選手 '09 結果&選手 '08 結果&選手
'07 結果&選手 '06 結果&選手 '05 結果&選手
'04 結果&選手 '03 結果&選手 '02 結果&選手
'01 結果&選手 '00 結果&選手 '99 結果&選手
日記帳 '99〜

<横浜FCの裏も表も知りたい方に!>
横浜FCオフィシャルサイト ニッパツ横浜FCシーガルズ
HOGSHEAD 横浜FCアンテナ
横浜FCオフィシャルブログ 横浜FCコミュニティブログ
横浜FC 公式 Facebook Page 横浜FC香港オフィシャルサイト
横浜FCサッカースクール 一家揃って横浜FC!!
El Cielo Azul de YOKOHAMA 横浜FCバックスタンド
横浜FCユース JungerFULIE 若い翼 横浜FCユース
ソシオ横浜公式サイト フリエの伝言板
ソシ オ-YFSC問題に真っ向勝負なHP MANI's Message Boad
青息吐息@三ツ沢猟友会 横浜FCと競馬を愛する男の日記

     
<スペシャルリンクス!>
LEOC ジャパンエレベーターサービス
NITTAI soccer junky
ヨコレイ インバースネット
晃鈴産業 GENOVA
NHK ニッパツ カバヤ薬局
横浜市水道局 横浜熱闘倶楽部
HUB横浜西口店 横浜西口五番街ドットコム
天然温泉 満天の湯 SKYspa YOKOHAMA
カナロコ(神奈川新聞) J:COM




タイトルへ

トップページへ